労働新聞 平成25年3月25日 第2914号

  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

◆1面◆(ニュース)

・2013春闘 中堅・中小に期待膨らむ 金属大手がほぼ満額 電機は「産別最賃」引上げ 「労使自治」を危ぶむ声も
・たばこ製造を統合へ 労災保険の事業種類見直し 厚労省・検討会報告案
・利用者の声必ず反映 ハローワーク改善指示 厚労省
・胆管がん発症の原因物質を特定 3月中に対応

◆2面◆(ニュース)

・社福施設・人材定着対策 組織横断型会議の参加促進 人脈や視野拡大へ 東京都がガイドライン
・3割で賃金不払残業 労働時間適正化へ監督 東京労働局
・高齢者の賃金設計方法指南 法改正セミナー
・飲食店の安衛活動 チェーン本社が災害分析を徹底 中災防事例集

◆2面◆(主張)

精神障害者雇用義務化は拙速か

◆3面◆(ニュース)

・看護職 勤務間隔は11時間以上 夜勤・交代制へ指針 補助者配置など対策示す 日本看護協会
・監督官に虚偽陳述 実習生への不払残業で 銚子労基署が書類送検
・物言える仲間作りを 安衛活動で研修会 愛知労基協
・「賃金調整」が大幅減 25年計画で“回復傾向” 秋田労働局

◆6面◆(調査)

春季賃上げ回答・妥結速報(1)

◆8,9面◆(賃金)

・カインズ/入社8年目から店長級へ 候補者に丸1年の昇格試験 最短モデル示し早期育成
・【寸評】厳密な昇格管理実現 能力基準も位置付け明確に/賃金システム研究所 所長 赤津 雅彦

◆12面◆(事例研究・人事学望見)

精神疾患の急増で人事管理が一変 設けたい休業期間の「通算」規定

◆14面◆(労働判例)

本田技研工業事件 不更新条項付き契約に署名、雇止め有効の判断は?

◆15面◆(追跡レポ・企業の好事例)

OKIワークウェル/障害者特例子会社の取組み 通勤困難者に在宅勤務 ネット環境を整備し スキルアップ面談も実施

◆16面◆(実務相談)

・マージン率の計算に含む? 教育訓練や福利厚生費 人件費か否かで差生じる
・夜勤の短縮必要か 育児中で短時間勤務
・賃金と相殺する? 会社のお金使い込む

連載記事

■攻略!改正労契法(4面)
第9回 高年者雇用措置と無期転換 非正規の安定が目的 65歳超へ適用は不合理/弁護士 安西 愈

■ぶれい考(5面)
“相手の立場”で考える/㈱ダイヤ精機 代表取締役 諏訪 貴子

■人事の小窓 ちょっと道草(5面)
“独立系”流に人を育成/協和工業㈱ 経営管理室取締役(人事兼務) 森下 純男

■今週の視点(7面)
「高齢法に抜け穴」は勇み足!? 「合理的期待」が優先 1年更新でも雇止め困難

■本バンザイ!!(7面)
「abさんご」に挑戦したが…/鷲尾 賢也

■アジア進出企業の労務管理ガイド ベトナム編(10面)
第11回 解雇規制 事由を法で詳細規定 労働者使用計画提出も
/曾我法律事務所 弁護士 粟津 卓郎

■社労士プラザ(10面)
経営者は常に冷静に/社会保険労務士ながや事務所 永谷 勝博

■データバンク室(10面)
・「『印刷事業場で発生した胆管がんの業務上外に関する検討会』の報告書及び今後の対応について」(厚生労働省)
・「平成24年11月の『労働時間適正化キャンペーン』期間中の定期監督等の実施結果」(東京労働局)
・「社会福祉施設におけるサービス管理ガイドライン(概要版)」(東京都)
・「看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン」(日本看護協会)

■企業を守るメンタルヘルスリスク管理術(11面)
第11回 休職命令時の注意事項 欠勤日数など要件順守 怠れば無効になる恐れ
/高井・岡芹法律事務所 弁護士 岡芹 健夫

■事例で知る労働審判制度の実情 2013(13面)
第11回 条件ダウン拒んだ嘱託と更新せず 雇止めに相当し無効 賃金2割減の時短求める
/神奈川総合法律事務所 弁護士 鵜飼 良昭

■今週の労務書(16面)
『顧客と会社を幸せにするES(社員満足)経営の鉄則』(志田貴史著、中央経済社刊)

労働新聞 第2914号 (2013年03月25日号)

労働新聞のバックナンバー

ページトップ