【人事の小窓 ちょっと道草】”独立系”流に人を育成/森下 純男

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 動力伝達機構に使う継ぎ手の一種であるユニバーサルジョイント。車のステアリング用は、基本性能の一つ「曲がる」に深くかかわる重要部品で、不可能と言われた冷間鍛造製法による量産に国内で初めて成功しました。ジョイントメーカーとしていかに良い製品を作り、お客様に満足していただけるかが命題であり、常識にとらわれない発想で革新的モノづくりにこだわっています。他社がマネできない独自の製法は、…

筆者:協和工業㈱ 経営管理室取締役(人事兼務) 森下 純男

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年3月25日第2914号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ