連載記事

2021.06.10 【安全スタッフ】
【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】49 日常管理は安全配慮義務が中心? NEW

 元請けの建設会社に勤務しております。労働災害が発生したとき、あるいは労働基準監督署の臨検では、労働安全衛生法関連の条文で是正勧告、使用停止命令などの指導・処分を受けますが、講習会に参加すると安全配慮義務という言葉を聞くことも多く、日常の安全衛生管理は安全配慮義務を中心とすべきか、労働安全衛生法などを中心に行うべきなのか、安全配慮義務を聞……[続きを読む]

2021.06.10 【労働新聞】
【努力義務化!70歳までの就業確保 新しい高齢者雇用】第22回 映画『マイ・インターン』に学ぶ(上) 挑戦する姿勢忘れず 新しいものを面白がる/藤村 博之 NEW

働き方に6つのポイント  本連載は、残すところ2回となった。これまで、高齢者の雇用と高齢期の働き方について考察してきたが、連載の締めくくりとして、映画『マイ・インターン』を題材として、高齢期にどのような行動を取ればいいかを考えてみたい。  外国の映画やドラマを観ると、その国の社会状況が垣間みえてくる。映画『マイ・インターン』も、アメリカの……[続きを読む]

2021.06.10 【安全スタッフ】
【これで解決!シゴトとココロの問題】第6回 労いと評価をきちんと伝える ★労働新聞社Webサイトで配信中★ NEW

 日々の業務に忙しく、管理的立場にいても、心の健康問題に目を向ける余裕がなくなりがちだ。弊社ではWebサイトで「これで解決! シゴトとココロの問題」という番組を配信し、よりシンプルな語り口で具体的なノウハウを示している。今回のテーマは「優秀な社員が燃え尽きた!?」。法政大学の廣川進教授(臨床心理士、公認心理師)は、上司は怒っている場合では……[続きを読む]

2021.06.10 【労働新聞】
【元監督官が明かす!!送検・監督のリスク管理 事例徹底分析】第34回 裁量労働制 新商品開発で注意を 付随の支援業務は適用外/西脇 巧 NEW

ITシステムの“中下流”も危険  裁量労働制には、専門業務型裁量労働制(以下「専門裁量制」)と企画業務型裁量労働制の2つがある。制度の不備で司法事件に発展する例は少ないと思われるが、行政調査の場面では、裁量労働制の運用が適正になされていないことにより行政指導を受ける事例が多く見受けられる。今回は、比較的問題となりやすい専門裁量制に関する労……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ