労働新聞 賃金事例

2022.04.21 【労働新聞 賃金事例】
【賃金事例】モルツウェル/80点以上で賞与1割増し スキル面含めて目標を評価

正社員に「成長シート」  高齢者向けの配食サービスなどフードビジネスを展開するモルツウェル㈱(島根県松江市、野津積代表取締役)では独自の「成長シート」を活用し、一人ひとりが部門目標達成に向けて取り組むべき業績目標、身に着けるべき専門能力やビジネスマナーに関するコンピテンシー目標を立て、達成状況を評価する人事制度を運用している。目標設定に当……[続きを読む]

2022.03.24 【労働新聞 賃金事例】
【賃金事例】野原HD/「役職手当」新設し管理面重視 達成度に加えPDCA評価

等級格付けは7つの観点で  野原ホールディングス㈱(東京都新宿区、野原弘輔代表取締役社長)は、管理職層に対して「役職手当」を新設し、課長などのライン長やプロジェクトマネジャーに就いている場合に限って支給する新人事制度を導入した。7つの観点から格付ける「発揮役割等級」を採用する一方、ライン上で担う管理面の役割も重視している。評価では独自の手……[続きを読む]

2022.03.10 【労働新聞 賃金事例】
【賃金事例】プレシャスパートナーズ/業績目標の比率が最大9割 今年度から新評価制度 

項目絞って簡素化図る  総合人材サービス業の㈱プレシャスパートナーズ(東京都新宿区、髙﨑誠司代表取締役社長CEO)は今年度、評価項目を最高でも5項目に抑えた新人事制度を導入した。旧制度では最大で17項目に及んでいた体系を一気に簡素化している。営業向けの評価制度ではプロセス重視だった点を軌道修正し、非管理職では全体の6~7割を売上げ目標の達……[続きを読む]

2022.01.27 【労働新聞 賃金事例】
【賃金事例】フラクタ/14階層から5階層に簡素化 賞与支給額は最高で2倍に

6要素の行動評価新設  企業のブランド戦略のコンサルティング業務を行う㈱フラクタ(東京都渋谷区、河野貴伸代表取締役CEO)は、全社員を5階層に格付ける新人事制度を導入した。単線型・14階層としていた旧制度を廃止し、よりシンプルな体系を整備して再格付けしている。評価制度については業績貢献度、組織貢献度、行動面を採点する3つの仕組みを併用し、……[続きを読む]

2022.01.04 【労働新聞 賃金事例】
賃金事例・企業の賃金制度紹介―2021年7~12月掲載記事を振り返る

このページでは、2021年7~12月号に掲載した賃金事例の記事をまとめて紹介します。管理職層に洗替式の役割給を導入したラジオ局のほか、役職などについて25段階で処遇するIT業の事例などを掲載しています。 日置電機/経営層と年収額を交渉 役職とのズレも解消へ 日置電機㈱(長野県上田市、岡澤尊宏代表取締役社長)は今年4月、管理職層約100人に……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。