主張

2022.05.12 【主張】
【主張】金銭救済制の早期創設を NEW

 厚生労働省は、解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する専門家による検討会報告書を作成した(関連記事=解雇無効時の金銭救済制度 権利行使は労働者に限定 有識者検討会が報告 厚労省)。解雇が無効となった場合、労働者の請求に基づき使用者が労働契約解消金を支払うことによって労働契約を終了させる制度を法的側面から詳細に検討している。  ……[続きを読む]

2022.04.28 【主張】
【主張】難しい感染拡大中の団交

 中央労働委員会は、新型コロナウイルス感染拡大中の団交拒否事件について使用者の不当労働行為を認め、救済命令を発した(関連記事=コロナ理由の団交拒否認めず 対面で協議が原則 中労委)。政府が、三密を避けテレワークを要請しているなかで、団交だけは例外扱いしなければならないのか、難しい判断が必要になる。使用者は、時々の感染状況を考慮した団交のあ……[続きを読む]

2022.04.21 【主張】
【主張】5年以内雇止めは慎重に

 厚生労働省は、労働契約法第18条に規定する無期転換ルールの適用前雇止めにかかわる紛争増に対処するため、使用者に労働契約更新上限の明示を義務化する見通しである(関連記事=無期雇用転換権利 使用者に明示義務化 雇止めの抑制策も 厚労省改正案)。雇用期間の決定は、基本的に労使の話合いと合意によるという原則に沿いながら、無期転換ルールを機能させ……[続きを読む]

2022.04.14 【主張】
【主張】1件も見逃すな不正受給

 雇用調整助成金の不正受給件数が、令和2年9月~3年12月までに261件、金額にして32億円に達していることが、厚生労働省の集計で分かった(=関連記事:雇調金不正受給 261件32億円超える 従業員から通報増加 厚労省)。全体の雇調金支給決定件数560万件、金額5兆3000億円を念頭に置けば、決して多い数字とはいえないだろう。しかし、不正……[続きを読む]

2022.04.07 【主張】
【主張】賃金上昇へ金融緩和継続

 今通常国会で3月下旬に開かれた財務金融委員会において、日銀の黒田東彦総裁は、世界の流れに逆行し日本が大規模金融緩和を継続している理由として、企業収益改善とともに雇用改善、賃金上昇を目的としたものである点を強調した。目的達成に向けて粘り強く金融緩和を進めていくとしている。急激な円安を招き、さまざまな物品の価格高騰につながっているとする見方……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。