労働関連コラム

2018.01.21【社労士プラザ】
働き方改革を全力で支援/社会保険労務士永井事務所 永井 康幸 NEW

 私が社労士になって約10年。この間、労使関係は大きな変貌を遂げている。多様化・複雑化という社会変化による労働関係法規の改正などにいかに対応すべきかがこれからの社労士のカギになる。  社労士も、高度な労務管理による差別化をめざすべきとされて久しい。自戒も込めていえば、それに対応できているかは心もとない。委託替えやセカンドオピニオンを打診……[続きを読む]

30.1.22
2018.01.20【書評】
【今週の労務書】『心療内科産業医を向き合う職場のメンタルヘルス不調』 NEW

実際の20事例に学ぶ  「医学的で敷居が高い」「会社が悪者扱いされそうで積極的に学ぶ気になれない」――そんな思いに捕らわれたまま従業員のメンタルヘルスに未だ踏み出せない中小企業の経営者に一読を薦めたい一冊である。曰く、あまり複雑に考えないことが大切で、当事者が仕事を続ける上で抱える困難を、当人と一緒に解決する視点で取り組めば大方の解……[続きを読む]

51alrAabnIL._SX258_BO1,204,203,200_
2018.01.17【送検記事】
作業前にコンセントを抜くよう教育せず 留学生が被災し送検 仙台労基署 NEW

 宮城・仙台労働基準監督署は、労働者に対して事前の安全教育を適切に実施しなかったとして、フジフーズ㈱(千葉県船橋市)と同社仙台工場の工場長を労働安全衛生法第59条(安全衛生教育)違反の容疑で仙台地検に書類送検した。平成28年6月、同社で働いていた留学生が右肘から先を欠損する労働災害が発生している。 同社は留学生にミートチョッパーの清掃させ……[続きを読む]

2018.01.16【書評】
【安全衛生・お薦めの一冊】『安全・衛生委員のための安全衛生読本』 NEW

朝礼、訓話のネタ本に  製造業で長年、安全衛生に携わってきた著者が、安全衛生担当者が知っておくべき常識や心構えを記した本書。労働安全衛生の意義から始まり、安全衛生管理・活動の歴史、ヒヤリ・ハット報告、危険予知活動など安全活動の基本、型別の災害対策やヒューマンエラー、メンタルヘルスなど幅広く取り上げている。  テーマごとに要点を絞っ……[続きを読む]

9784897616735-500n
2018.01.16【送検記事】
カラオケスナックで賃金・残業代不払い 代表者を送検 東大阪労基署 NEW

 東大阪労働基準監督署は、賃金および残業代を適切に支払わなかったとして、カラオケスナック「ピース」の代表者を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)および労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。 同代表者は労働者1人に対し、平成28年7~8月の定期賃金の一部に当たる計12万4410円を支払わなかっ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ