労働関連コラム

2018.06.21【送検記事】
看板解体中に墜落死 個人事業主を送検 大阪中央労基署 NEW

 大阪中央労働基準監督署は、危険防止措置を講じなかったとして解体工事業を営む個人事業主(大阪府大阪市平野区)を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。平成30年2月、大阪市中央区内の店舗内外装解体工事現場において、労働者が墜落して死亡する労働災害が発生していた。 被災した労働者は、地上から高さ8……[続きを読む]

2018.06.21【社説】
【主張】成果主義賃金の再整備を NEW

 働き方改革関連法案が間もなく成立する見通しとなった。同法案の注目点は多岐にわたるが、やはり新設する高度プロフェッショナル制度のわが国経済・産業に及ぼすプラスの影響に関心が集まろう。企業としては、これを機会に目標管理制度をベースとした成果主義賃金制度の再整備に着手してもらいたい。一度適用された労働者が適用除外を申し入れることのないよう公正……[続きを読む]

2018.06.20【送検記事】
重機を用途外使用 森林組合ほか3人を送検 小諸労基署 NEW

 長野・小諸労働基準監督署は、重機の一種である車両系木材伐出機械を本来の用途とは違う使い方で労働者に使用させたとして、南佐久南部森林組合(長野県南佐久郡川上村)と他3人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長野地検佐久支部に書類送検した。平成30年3月、同組合の労働者が死亡する労働災害が発生している。  送検され……[続きを読む]

2018.06.19【監督指導動向】
2割強の事業場で「最賃割れ」 愛知労働局・監督結果 NEW

 愛知労働局は、平成30年1~3月に530事業場に対して実施した最低賃金の履行確保に関する監督結果をまとめた。全体の21.3%に当たる113事業場で、最低賃金法違反が見つかった事業場は113件だった。愛知県の最低賃金は29年10月の改正で26円アップし、現在は871円。 違反率を業種別にみると、「その他」を除けば「製造業」が最も高く24.……[続きを読む]

2018.06.18【送検記事】
賃金および残業代不払いで送検 総額「5万円弱」で 富山労基署 NEW

 富山労働基準監督署は、賃金および残業代を一切支払わなかったとして、飲食店を経営する㈲ワークス(富山県富山市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)および労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で富山地検に書類送検した。 同社は平成29年3月、アルバイト労働者3人に対して定期賃金(総額4万5238円)を……[続きを読む]

2018.06.17【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
20180617-s

年月アーカイブ

ページトップ