労働関連コラム

2021.09.20 【送検記事】
作業計画定めず送検 コンテナ激突の死亡労災 水戸労基署 NEW

 茨城・水戸労働基準監督署は、令和2年10月に発生した労働災害に関連して、㈱河野銅鉄店(茨城県ひたちなか市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で水戸地検に書類送検した。貨物自動車で作業させる際、作業計画を作成せず、さらに接触防止措置を講じなかった疑い。  同社は、金属屑の収集運搬や加工処理、販売を……[続きを読む]

2021.09.19 【監督指導動向】
申告事案は前年比18.7%減 賃金不払いが全体の7割 北海道労働局・集計 NEW

 北海道労働局は、令和2年の申告事案に関する集計を公表した。件数は1334件で、前年比18.7%(306件)減少している。  申告事項の内訳をみると、賃金や残業代の不払いを指す「賃金不払い」が971件だった。解雇予告手当が支払われずに解雇されたことなどが含まれる「解雇」が195件で続いた。全体の9割を賃金不払いと解雇が占めている。  業種……[続きを読む]

2021.09.19 【社労士プラザ】
シニア雇用の一助に/シニア社労士事務所 所長 一倉 美津子 NEW

 日本の高齢化は急激に加速している。令和3年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行され、会社のシニア雇用における働き方の変化がさらに加速し始めた。  しかし、まだまだシニアを「お情けで雇ってやっている」といった考えが透けてみえる会社も多い。その対応を受けるシニアの姿は、未来の「あなた」である。今は対応をとる側の人事部のメンバーも、いずれ対応を……[続きを読む]

2021.09.18 【監督指導動向】
3割が違法残業 大阪労働局 過重労働解消監督結果・令和2年 NEW

 大阪労働局は、令和2年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の結果を公表した。監督指導を行った361事業場のうち、29.9%に当たる108事業場で違法な時間外労働が発覚している。  108事業場のうち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が1カ月80時間を超えるケースは35事業場だった。  賃金不払い残業……[続きを読む]

2021.09.18 【助成金の解説】
【助成金の解説】キャリアアップ助成金正社員化コース/岡 佳伸 NEW

非正規社員の正社員転換を支援!  「キャリアアップ助成金」は、有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。「正社員化コース」は正社員以外で雇用されている従業員を正社員又は期間の定めの無い雇用に転換(また……[続きを読む]

ページトップ