労働関連コラム

2021.03.06 【送検記事】
定期賃金34万円を不払い 情報サービス業者を送検 秋田労基署 NEW

 秋田労働基準監督署は、労働者に対して2カ月分の賃金を支払わなかったとして、情報サービス業の合同会社オーエムジーワークス(秋田県秋田市)と同社代表社員を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で秋田区検に書類送検した。  同社は令和元年12月~2年1月、当時在籍していた労働者1人に対して定期賃金合計約34万円を支払わなかった疑い。2年……[続きを読む]

2021.03.04 【書評】
【GoTo書店!!わたしの一冊】第9回『テクノロジーの世界経済史――ビル・ゲイツのパラドックス』カール・B・フレイ著/濱口 桂一郎 NEW

今は第2の「大分岐時代」 2013年9月、オックスフォード大学のフレイとオズボーンは、アメリカでは今後労働力人口の47%が機械に代替されるという論文「雇用の未来」を発表し、世界中で話題を呼んだ。日本でも2017年に野村総研がJILPTの職業データを用いて、労働力人口の49%が自動化のリスクにさらされていると発表したことを覚えている人もいる……[続きを読む]

2021.03.04 【書評】
【今週の労務書】『テレワークを導入・運用するとき これだけは知っておきたい労務管理』 NEW

長時間労働防止が課題  本書は、テレワークの実施を検討している企業の代表者や担当者に向けて、導入時の留意事項を提示したもの。  労働時間管理をはじめとする労務管理や安全衛生対策、情報通信環境の整備およびセキュリティー対策の要点を解説したほか、テレワークに対応した就業規則の作り方を指南している。  本書では、テレワークは相対的に使用者の管理……[続きを読む]

2021.03.04 【社説】
【主張】コロナで毎勤統計に異変 NEW

 新型コロナウイルス感染症が拡大した令和2年の雇用情勢に大きな異変が生じている。毎月勤労統計調査によると、30年間にわたって増加を続けていたパートタイム労働者が減少に転じる一方、名目・実質の現金給与総額がともに下落幅を拡大した。経済全体を見据えた強力なテコ入れが不可欠であり、全国民に対する再度の一律定額給付の実行が求められる。  常用雇用……[続きを読む]

2021.03.03 【Web限定ニュース】
コロナ禍の経営者のストレス 「非常に増えた」が27% 大阪シティ信金調べ NEW

 大阪シティ信用金庫は、コロナ禍における経営者の労働時間とストレスに関する調査結果をまとめた。コロナ禍以前と比べたストレスについて「非常に増えた」とする回答が、全体の27.0%を占めている。「少し増えた」は51.0%で、合計78.0%が増えたと感じている。  「非常に増えた」と「少し増えた」の合計を業種別にみると、最も高かったのは運輸業の……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ