労働法超入門

2020.10.17 【労働法超入門】
【労働法超入門】記録の保存期間等

 改正労基法では、賃金請求権のほか、記録の保存期間と付加金の請求期間も見直しています。  記録の保存は、たとえば、賃金台帳、労働者名簿、タイムカードなどが対象です。改正前は保存期間3年でしたが、5年に延長されました。ただし、当面の経過措置として3年に読み替えられるので、実務的な影響は大きくありません。 「保存の起算点」は原則として「記録の……[続きを読む]

2020.09.26 【労働法超入門】
【労働法超入門】賃金の消滅時効延長

 令和元年度末に労基法を改正する法律が成立・公布され、令和2年4月1日から施行されています。今回改正では、賃金の消滅時効期間を見直し、それに伴う関連規定を整備しています。  キッカケは民法の改正です。従来、使用人の給料については、短期消滅時効(1年)の対象とされていました。労基法では、労働者保護のため、民法の特則として2年の時効消滅期間を……[続きを読む]

2020.08.22 【労働法超入門】
【労働法超入門】セクハラ規制等の強化

 パワハラ防止に関する措置義務の創設に合わせ、既存のセクハラ・マタハラ関係の規定も修正・強化されています。  まず、不利益取扱いの禁止です。  セクハラ防止は均等法、マタハラ防止は均等法と育介法の両方に根拠規定が設けられ、事業主に対して「雇用管理上必要な措置を講じる」よう求めています。  しかし、セクハラ・マタハラの被害者が、「上司・同僚……[続きを読む]

2020.07.24 【労働法超入門】
【労働法超入門】パワハラ防止の措置義務化

 「女性活躍推進法等を改正する法律」に関しては、その名称と裏腹に、世間の注目は労働施策総合推進法の改正に集まりました。中身はパワーハラスメント対策です。  中心となるのは、事業主に対する措置義務の創設です。施行は令和2年6月1日ですが、中小企業は令和4年3月31日まで努力義務とする経過措置が設けられています。  措置義務の対象となるパワハ……[続きを読む]

2020.07.04 【労働法超入門】
【労働法超入門】女性活躍推進法の改正

 令和2年6月1日から、女性活躍推進法等を改正する法律が施行されています(一部、施行時期が異なる項目あり)。対象となるのは、女性活躍推進法のほか、労働施策総合推進法、均等法、育介法です。  今回は、女性活躍推進法の改正内容を取り上げます。  同法では、一般事業主(国・地方公共団体以外)に対して「一般事業主行動計画」の策定義務を課しています……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ