労働法超入門

2020.07.24 【労働法超入門】
【労働法超入門】パワハラ防止の措置義務化

 「女性活躍推進法等を改正する法律」に関しては、その名称と裏腹に、世間の注目は労働施策総合推進法の改正に集まりました。中身はパワーハラスメント対策です。  中心となるのは、事業主に対する措置義務の創設です。施行は令和2年6月1日ですが、中小企業は令和4年3月31日まで努力義務とする経過措置が設けられています。  措置義務の対象となるパワハ……[続きを読む]

2020.07.04 【労働法超入門】
【労働法超入門】女性活躍推進法の改正

 令和2年6月1日から、女性活躍推進法等を改正する法律が施行されています(一部、施行時期が異なる項目あり)。対象となるのは、女性活躍推進法のほか、労働施策総合推進法、均等法、育介法です。  今回は、女性活躍推進法の改正内容を取り上げます。  同法では、一般事業主(国・地方公共団体以外)に対して「一般事業主行動計画」の策定義務を課しています……[続きを読む]

2020.06.20 【労働法超入門】
【労働法超入門】派遣先・元の義務

 派遣法は、パート・有期雇用労働法とリンクする形で改正されました。基本的には、就労形態に違いがあっても、非正規労働者(派遣労働者、パート、有期雇用労働者)同士の間で、できるだけ待遇上の差異が生じないように工夫が凝らされています。  賃金関連以外では、次のような変更点があります。 ① 教育訓練の実施  派遣先は、派遣元の求めに応じ、派遣先の……[続きを読む]

2020.05.30 【労働法超入門】
【労働法超入門】説明義務の強化

 派遣労働者についても、パート・有期雇用労働者と同様に、「説明義務の強化」が図られています。格差を是正する前提として、自分自身の待遇について正しく知る必要があるからです。  派遣労働者の場合、人材ビジネス会社に「登録」してから、実際に派遣されるまで手続きが複雑です。  派遣法では、ステップ別に次のような義務を課しています。 ① 登録時等……[続きを読む]

2020.05.23 【労働法超入門】
【労働法超入門】協定方式による均衡

 同一労働同一賃金を確保するため、派遣元は「①派遣先均等・均衡方式」と「②労使協定方式」のいずれかを選択します。 ① 派遣先均等・均衡方式では、「派遣労働者」と「派遣先の通常の労働者」の待遇を直接比較します。  そのうえで、「職務の内容」「人材活用の仕組み(配置転換・転勤の有無等」「その他の事情」を考慮して、格差に合理性があるか否かを判断……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ