労働法超入門

2020.05.23 【労働法超入門】
【労働法超入門】協定方式による均衡 NEW

 同一労働同一賃金を確保するため、派遣元は「①派遣先均等・均衡方式」と「②労使協定方式」のいずれかを選択します。 ① 派遣先均等・均衡方式では、「派遣労働者」と「派遣先の通常の労働者」の待遇を直接比較します。  そのうえで、「職務の内容」「人材活用の仕組み(配置転換・転勤の有無等」「その他の事情」を考慮して、格差に合理性があるか否かを判断……[続きを読む]

2020.05.16 【労働法超入門】
【労働法超入門】派遣の同一労働同一賃金

 同一労働同一賃金の原則が適用される労働者グループには、パート・有期雇用労働者のほか、派遣労働者も含まれます。派遣法の改正は、令和2年4月1日施行です。  派遣労働者について「同一労働同一賃金」(均等・均衡ルール)が実現されているか否か、判断の基準(比較の対象)になるのは、自社(派遣元)の従業員ではなく、派遣先の正社員等(通常の労働者)で……[続きを読む]

2020.05.09 【労働法超入門】
【労働法超入門】格差の説明義務

 同一労働同一賃金の規定は整備されましたが、不当な格差があるのか否か、パート・有期雇用労働者が自分自身で判断するのは簡単ではありません。格差の存在が明確になって、初めて権利の主張も可能になります。  このため、パート・有期雇用労働法では、「説明義務の強化」が図られています。まず、事業主は、雇入れ時に均等・均衡ルールに関してどのような措置を……[続きを読む]

2020.05.06 【労働法超入門】
【労働法超入門】賃金・福利厚生の均衡

 パート・有期雇用労働法では、均等・均衡ルールの大原則を明確化したほか、賃金・福利厚生等に関する細則も整備しました。  まず、賃金については、「職務関連賃金(職務に密接に関連して支払われるもの)」について、「職務の内容・成果、意欲、能力、経験」等に応じて決定するよう求めています(必要に応じて昇給させる等)。  それ以外の「通勤手当、家族手……[続きを読む]

2020.05.05 【労働法超入門】
【労働法超入門】均等・均衡ルール

 世間的には「同一労働同一賃金」という用語が広く使われていますが、「均衡・均等待遇ルール」という表現の方がより正確なイメージを反映しています。  改正パート・有期雇用労働法では、基本的な考え方として、パート・有期雇用労働者と正社員の待遇に格差がある場合、次の3点を考慮して、不合理の有無を判断するとしています(均衡ルール)。 ① 職務の内容……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ