労働法超入門

2021.03.27 【労働法超入門】
【労働法超入門】介護休暇等の時間単位付与

 令和3年1月から、子の看護休暇・介護休暇の時間単位付与が義務付けられています。  看護・介護休暇は、1年度に5日間(対象家族が2人以上なら10日)を限度に取得できます。平成28年改正(29年1月施行)により、半日単位での申出が可能となりました。  今回の改正は、取得単位をさらに時間に細分化したものです。  労基法に基づく、年休の時間単位……[続きを読む]

2021.02.27 【労働法超入門】
【労働法超入門】雇用保険の給付制限期間の緩和等

 改正雇用保険法は令和2年4月から段階施行されていて、令和2年には、このほか8月に被保険者期間の計算方法、10月に給付制限期間に関する改正が 実施されています。  まず、前者についてですが、雇用保険の給付の中には、基本手当をはじめ、被保険者期間が一定月数以上あることが、受給資格要件とされているものが少なくありません。  従来、「賃金支払基……[続きを読む]

2021.01.23 【労働法超入門】
【労働法超入門】雇用保険の二重加入制度

 令和4年1月からは、改正雇用保険法が施行され、高年齢者を対象とする二重加入の特例制度がスタートします。令和2年9月には、改正労災法により、ダブルワーカーに対する保護が強化されていますが、それと呼応する措置です。  雇用保険の現行の仕組みでは、労災保険と異なり、二重加入が認められていません。「主たる賃金を受ける雇用関係」についてのみ、加入……[続きを読む]

2020.12.26 【労働法超入門】
【労働法超入門】高年齢者就業確保措置

 令和3年4月からは、改正高年法が施行され、事業主は70歳までの就業機会確保に向けた体制整備が求められます。  現行の高年法では、「希望者全員65歳まで継続雇用(経過措置付)」を義務付けています。経過措置は令和6年度末で終了ですが、今回の改正は、企業側にその「一歩先」の対応を促すものです。具体的には、令和3年4月以降、事業主が就業確保を図……[続きを読む]

2020.11.28 【労働法超入門】
【労働法超入門】兼業者の労災補償

 令和2年9月から、改正労災法が施行され、ダブルワーカー(複数就業者)に対する補償が手厚くなりました。  労災保険では、パート・アルバイト等も労働者として自動的に保険加入の対象となります。しかし、改正前は、ダブルワーカーが事故等に遭うと、補償面で不利益を被りました。  一つの会社で被災すれば、当然、他の会社でも働けなくなります。しかし、労……[続きを読む]

ページトップ