労働法超入門

2021.11.27 【労働法超入門】
【労働法超入門】出生時育児休業の創設 NEW

 改正育介法のメーンとなるのが、「出生時育児休業」制度の創設です。施行は、令和4年10月1日からです。  男性の育休取得がなかなか進まない原因として、「業務との調整」の難しさがあります。既存の(レギュラー)の育休よりも、もっと男性にとって利用しやすい仕組みの整備が求められていました。  新設の出生時育児休業は、「子の出生後8週間以内に、最……[続きを読む]

2021.10.30 【労働法超入門】
【労働法超入門】育休と社会保険料免除

 育介法の改正とリンクする形で、社会保険の規定も修正されています。施行は、令和4年10月1日です。  健保・厚年の保険料は、育児休業期間中、免除となるルールです。改正前(現行)の規定では、「休業開始日の属する月から休業終了日の翌日が属する月の前月までの期間、保険料を徴収しない」という規定になっています。  文章をよく読むと分かりますが、要……[続きを読む]

2021.09.25 【労働法超入門】
【労働法超入門】育休取得の環境改善

 改正育介法のうち、「職場環境整備等」「有期雇用労働者の休業要件緩和」に関する部分は令和4年4月1日から施行されます。  まず、職場環境の整備についでですが、特に男性の育休取得率が高まらない原因として、「職場の雰囲気として休業を申し出にくい」「そもそも従業員が育休取得の権利について、あまり理解していない」という状況があります。  今回の改……[続きを読む]

2021.08.28 【労働法超入門】
【労働法超入門】男性の育児休業取得促進

 育児介護休業法等を改正する法律が、令和3年6月9日に公布されました。男性の育休取得促進(男女ともに仕事と育児の両立ができる環境整備)が目的です。施行日は次のとおりです。 【令和3年9月1日】 ① 育休給付の支給要件(みなし被保険者期間の計算方法)の緩和 【令和4年4月1日】 ➁ 職場環境整備・取得意向の確認を義務付け ③ 有期雇用労働者……[続きを読む]

2021.07.31 【労働法超入門】
【労働法超入門】労災保険特別加入者の範囲拡大

 令和3年4月1日から、労災保険の特別加入の範囲が拡大されています。  労災保険の対象になるのは原則として「労働者」です。しかし、それ以外の就労パターン等でも、特別加入により、一般の労働者と同様の保護を受けることができます。  パターンとしては、3とおりあります。 ① 中小事業主等 ➁ 一人親方等 ③ 海外派遣労働者  今回、拡大の対象と……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。