労働新聞

2019.02.21 【労働新聞】
【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第7回 労働者にプラス効果 神学論争の様相呈する(1)/倉重 公太朗 NEW

 日本において、解雇の金銭解決は政治的にも混乱するテーマであり、議論が進化していない。左だ右だと立場により神学・宗教論争の様相を呈し、「金銭解決ダメゼッタイ」と思考停止している向きも少なくない。しかし、解雇規制の問題は、未来の日本の雇用社会のグランドデザインとなる重要な論点だ。  そもそも、解雇権濫用法理は、昭和の人口増、高度経済成長期を……[続きを読む]

2019.02.21 【労働新聞】
【ぶれい考】「企業発信」で人材育成を/倉橋 美佳 NEW

 海外事業などを展開する上で、「グローバル人材」について考える機会が多くなった。当社ではアジアを中心としたグローバル展開を進めており、外国人スタッフの雇用も進めている。ただ、このグローバル人材とは、単純に外国人スタッフや外国語が堪能なスタッフという意味ではない。  各国ごとに、科学者の自国への流入と流出を調査したあるデータによれば、日本は……[続きを読む]

2019.02.21 【労働新聞】
【人事学望見】第1183回 幅広い裁量権と人事考課 顕在能力よりも標準性に重きを NEW

 人事考課は、賃金や配置・昇進等の大切な処遇の決定に重要な役割を果たしている。評価制度のなかでも、最も労働紛争が多く、労働法学の主要な検討対象とされてきた。判例は、一貫して人事考課の法的根拠を使用者の裁量権に求めてきている(柳屋孝安関西学院大教授)。 残業拒否で寄与度認めず  会社は必ずしも才気煥発な社員を求めているわけではない。メディカ……[続きを読む]

2019.02.21 【労働新聞】
【今週の注目資料】労働力調査(基本集計)平成30年(2018年)平均(速報)(総務省) NEW

4年連続で正規が増加  15歳以上人口のうち、就業者と完全失業者を合わせた人口を指す労働力人口は、2018年平均で6830万人と、前年に比べ110万人増加した。6年連続の増加だった。男女別では、男性が前年比33万人増の3817万人、女性は同77万人増の3014万人である。また、15~64歳の労働力人口は、同56万人増の5955万人だった。……[続きを読む]

2019.02.21 【労働新聞】
【進展するデジタルシフト(電子申請)】第7回 会社設立時の申請(中) 到達番号のメモ忘れず 公文書控はPCに保存を/成澤 紀美 NEW

 前回に引続き、労働保険保険関係成立届の申請を例にして、申請データ送信、申請データ到達確認・状況照会、電子公文書(申請書控)の取得の方法を解説したい。  まず、前回、「申請書作成」ボタンを押した画面を表示する。電子申請メニューの「申請(申請者・代理人)」をクリック後、申請する届出を検索し、結果から選択する。今回は、「申請書送信」ボタンをク……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ