労働新聞

2019.12.12 【労働新聞】
【元漫才師の芸能界交友録】第22回 杉作J太郎④ 男たちの“胆力”を指南/角田 龍平 NEW

 「土橋さんに聞いておいていただくと助かるのですが、前に聞いた石立さんが殺される場面の淡路島の港、明後日の早朝に写真を撮りにいこうと思っております」。  東映京都撮影所で監督をしていた岳父土橋亨を訪ねて、杉作さんが京都へやって来たのは2年前の夏だった。翌年の春、杉作さんから「石立さんが殺される場面」の撮影現場を尋ねるLINEが送られてきた……[続きを読む]

2019.12.12 【労働新聞】
【今週の注目資料】社内ルールにおける男女差に関する調査2019(連合) NEW

約2割に男女別服装規定  調査は、全国の20~59歳の有職者1000人の有効サンプルを集計している。  服装や身だしなみの決まりがあるとしたのは、57.1%だった。業種別では、宿泊業、飲食サービス業の86.7%が最多で、金融業、保険業71.4%、卸売業、小売業65.5%と続く。  決まりがあるとした者に対し、何で規定しているか聞くと(複数……[続きを読む]

2019.12.12 【労働新聞】
【人事学望見】何かと話題の裁量労働 割増賃金惜しみ対象業務外適用 NEW

 厚労省のずさんな調査結果から、働き方関連法案に盛り込まれていた「企画業務型裁量労働制」の対象業務を広げる内容が削除された。労政審で再度議論して再提出することになったそうだが、専門業務型についても不透明な感じは強い。少ない判例のなかから問題点をみた。 法令無視がやけどの元に  専門業務型裁量労働制を適用するためには、過半数の代表との労使協……[続きを読む]

2019.12.12 【労働新聞】
【努力義務化は目前!? 70歳までの就業機会確保】第11回 高齢期を見据えた研修 役割変化を自覚させる 技能の伝承法習得も必要/内田 賢 NEW

定年延長は万能薬か  「骨太方針2019」が「70歳までの就業機会確保」実現のための選択肢として示した7項目について、前回まで詳しく解説してきた。「骨太方針2019」は閣議決定されている。法律によって「70歳雇用」が企業の努力義務となる日も近い。企業は「70歳雇用」実現のため、7つの選択肢を自社の事情に合わせていかに具体化していくかを検討……[続きを読む]

2019.12.12 【労働新聞】
【ハラスメント防止法制と企業対応】第23回 パワハラ指針案③ 就業規則見直しを 服務規律や懲戒条項修正/湊 祐樹 NEW

叱責が可能なケースも  今回は、「職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針の素案」(以下、「指針案」という)を企業としてどのように受け止めていくべきなのか、といった点などについて解説していく。  近時、大きな問題となっている企業による品質不良や不正の一因として考えられるのが、企業において本来上長が部下に対……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ