『事故防止 人の問題を考える』の連載記事

2024.06.11 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第180回 木材・木製品製造業の労働災害防止の好事例③

トラック荷台上の墜落防止設備を開発  ある木材・木製品製造企業の労働災害防止活動の取組み好事例について、今回から具体的な労働災害防止対策を紹介します。  まず、労働災害防止活動を精力的に取り組む契機となったトラック荷台からの墜落死亡災害の防止対策についてです。 ◎トラック荷台からの墜落災害の発生状況  陸上貨物運送事業の労働災害データをみ……[続きを読む]

2024.05.28 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第179回 木材・木製品製造業の労働災害防止の好事例②

9つの繰り返し災害を抽出  前回に引き続き、木材・木製品製造業の企業の労働災害防止の好事例を紹介します。  この企業が労働災害防止活動に取り組むにあたり、まず実施したことは、自社が優先的に取り組む撲滅すべき労働災害の明確化です。ターゲットの絞り込みです。  そのために、この企業で過去に発生した労働災害データを分析し、繰り返し発生している災……[続きを読む]

2024.05.10 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第178回 木材・木製品製造業の労働災害防止の好事例①

本部統括で工場間連携図る  今回から企業の労働災害防止の取組み好事例を紹介します。短期的な成果ながら、4年間で労働災害(不休含む)を約70%減少させた事例です。  業種は木材・木製品製造業です。工場で建設用資材を生産し、それを建設現場に納入します。成功のポイントは、工場独自の取組みだけではなく、本部が統括的な役割を担い、本部と各工場などで……[続きを読む]

2024.04.26 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第177回 作業員の声を聞いてみた

業種ごとに特有の安全課題が  ここ10数年、建設業の死傷災害が下げ止まるなか、前回はこれまでのトップダウン型の安全活動を見直し、これからは作業員の声を聞き、現場で起こっている本当のことを把握する必要性について述べ、そのためには協力会社の自主的な安全活動の推進が求められると説明しました。今回は、作業員の声をテーマとして取り上げます。  表を……[続きを読む]

2024.04.10 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第176回 今後の建設業の労働災害防止を考える

現場最前線の声を吸い上げる  建設業の休業4日以上死傷災害(以下、死傷災害)の長期推移をみると、昭和49年、死傷者数は10万5867人だったものが、令和4年は1万4539人と、この約半世紀に86.3%減と大幅に減少しました。  建設業は、労働集約型の産業でヒューマンエラー対策を検討すべき場面が多く、日々刻々と作業内容が変わること、単品受注……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。