string(30) "/column/column_category/plaza/"
string(15) "column_category"

社労士プラザ

2017.05.28【社労士プラザ】
コンピテンシーで残業減/福島社会保険労務士事務所 共同代表 福島公夫 NEW

 政府の働き方改革の「残業上限規制」は、今後の労務管理の主要課題になるだろう。  とくに、罰則付きで、休日労働時間も含めての残業時間の上限規制が法制化されれば、企業にとって大変高いハードルになる。  さて、残業時間削減の大きなツールになるのはコンピテンシーだと考えている。  私は、15年ほど前から、コンピテンシーを労務管理の基本ツー……[続きを読む]

29.5.22s
2017.05.21【社労士プラザ】
「提案力」問われる時代に/労務管理オフィス 創コンサルティング 代表 佐藤 創子

 社会保険労務士はヒトの専門家、と呼ばれることがある。 このヒトというのはあくまでも「労働者という立場のヒト」を指すのだが、それだけにとどまらず、実際にはプライベートな事情までを含めてご相談いただくことが多い。結果として、社会の動向などあらゆることに関心を持つことになる。 社会環境や技術革新が急速に変化する昨今、ヒトの意識も変わっていくな……[続きを読む]

29.5.15s
2017.05.07【社労士プラザ】
業務連携で職域拡大を/武田労務管理事務所 武田 昌之

 士業として後発の社会保険労務士も法制定から来年50周年を迎える。  私は平成5年の開業なので、早いもので法制定50年の半分を社労士として歩んできたが、ただ長くやっているというだけの社労士の端くれである。そんな私ではあるが、不遜ながら社労士業界の今後の展望を裾野の方から眺め、2点ばかり指摘したい。…[続きを読む]

29.5.1s
2017.04.30【社労士プラザ】
行動経済学で意欲向上/FP・社労士事務所ライトファーデン 代表 及川 雅史

 社労士として働いていると、経営者・役員の方など、様ざまな「ヒト」と出会う機会がある。知識、経験、苦労話など、色いろな話を聞くことができ本当に勉強になっている。その話の中で、「従業員のモチベーションを上げるにはどうすればいいか分からない」といった悩みに接する機会が少なくない。  「ヒト」というのは、本当に難しい生き物である。  モチベ……[続きを読む]

29.4.24s
2017.04.23【社労士プラザ】
社労士による労働法教育/NPO法人あったかサポート 常務理事 笹尾 達朗

 NPO法人あったかサポートは、労働と社会保障に関心のある社会保険労務士をはじめ、弁護士など専門士業のほかに研究者、中小事業主、労働組合役員など様ざまな市民が参加し、教育・情報発信・相談・ネットワーク活動を行っている。  筆者はその専従役員である。当会の活動の中心は、高校生や大学生を対象にした「働く前に知っておきたい労働関連法教育」の普……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ