社労士プラザ

2021.04.18 【社労士プラザ】
雇用の維持をサポート/村瀬社会保険労務士事務所 村瀬 健二 NEW

 昨年1月からの新型コロナウイルス感染症で社会環境が大きく変わり、先のみえない経済情勢が続いている。  当然我われの関与している顧問先も無傷とはいかない。今まで安定成長を続け、規模拡大を続けてきた企業でもコロナによって突然急ブレーキを踏まれたのだから当然である。  顧問先でも雇用調整助成金の受給を検討することになり、同年2月ごろから受給要……[続きを読む]

2021.04.11 【社労士プラザ】
動画配信で広く支援/社労士事務所HIKARI 所長 川浪 宏

 新型コロナは雇用問題に大きく影響を与えた。政府は様ざまな支援策を打ち出したが、その支援策は多岐にわたり、隅々にまで周知が行きわたるのが困難であったのもやむ得ないものであったかもしれない。  我われ社会保険労務士が携わる雇用に関する助成金も、同様に隅々にまで周知が行きわたるのが困難な状況であった。雇用調整助成金、緊急雇用安定助成金、小学校……[続きを読む]

2021.04.04 【社労士プラザ】
働き続けることの大切さ/社労士オフィスいぶき 仙田 里紗

 社会人になりたての頃は、社会保険料の控除額をみてはがっかりしていた。そんな私が、育休を取ったことで社会保険に興味を持ち、社労士になったのには自分でも驚く。  しかし、社会保険料は会社にとっても相当な負担である。社労士の提案は会社にとってコストが掛かったり足かせになるのでは、とマイナスイメージを持っていた。これは、「それって利益が出るの?……[続きを読む]

2021.03.28 【社労士プラザ】
コロナ禍で変わる支援業務/かなまき社会保険労務士事務所 印牧 政彦

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、労働者のみならず、我われ社労士も働き方が大きく変わろうとしている。  不要不急の外出を避ける有効な働き方としてテレワークの導入が推奨されているが、導入が先行しているため、たとえば自宅においてインターネット環境を利用してテレワークを行う場合の私用と業務との費用負担、労働時間管理、モチベーション維持とい……[続きを読む]

2021.03.21 【社労士プラザ】
障害者支援の深化へ/平尾社会保険労務士事務所 平尾 豪

 平成23年3月11日の東日本大震災発生から約4週間後、当時損害保険業務に従事していた私は、栃木県宇都宮市の保険会社の地震対策室へ赴き、地震による住宅建物、家財道具の損害調査を始めた。  タクシーを使って午前2件、午後2件の損害調査を行い、支払いに回す作業だったが、5月末までに一人で3億円の支払いを行ったと思う。20人近い調査員が従事して……[続きを読む]

ページトップ