社労士プラザ

2020.04.05 【社労士プラザ】
危機管理問われる時代に/豊田社会保険労務士事務所 豊田 亘 NEW

 今年2月で、開業して10年目に入った。振り返ればあっという間に過ぎてしまった気がする。  開業するまでは食品素材メーカーでの経理部門や人事部門で経験を積むことができた。  そのなかで、転籍出向や在籍出向中に商社やサービス業といった異業種の経験も積めたほか、社会保険労務士の資格取得の際に会社が応援をしてくれることもありがたかった。  「危……[続きを読む]

2020.03.29 【社労士プラザ】
「ホワイト事務所」の実現/福岡労務経営事務所 代表 福岡 英一

 大手生命保険会社を定年退職後の平成20年8月の社労士試験に合格し、翌年9月、福岡労務経営事務所を立ち上げた。  その後、23年8月の社労士試験に娘の鎌倉美智子が合格し、親と娘で事業を営むようになった。  そして、知り合いの社労士等に依頼するような形で組織拡大を図った。  現在は、ハローワーク募集、ならびに採用サイトを使った募集に切り替え……[続きを読む]

2020.03.22 【社労士プラザ】
成年後見人の進展へ/古澤社会保険労務士事務所 所長 古澤 和哉

 成年後見制度は人工呼吸に似ている。自分には使えないノウハウだからだ。しかし、誰しもがこのノウハウを身に着ければ、いずれは自身のセーフティーネットになる。高齢化社会の安定に資するインフラとなるはずだ。  東京都社会保険労務士会の一般社団法人社労士成年後見センター東京には、前身の社労士成年後見制度検討委員会からかかわっている。  社労士会も……[続きを読む]

2020.03.08 【社労士プラザ】
パラダイムシフトのとき/社会保険労務士事務所 S&U労働コンサルティング 代表 上村 俊一

 皆様はパラダイムという言葉をご存知だろうか。  パラダイムとは、その時代・社会において共通の大前提となっている常識、思考枠組み、基準、方法論のことである。そして、パラダイムシフト(パラダイムの転換)が起こると、それまでの常識、前提条件が変わり、新たな方法論が求められる。  まさしく、社会保険労務士はパラダイムシフトのときを迎えているので……[続きを読む]

2020.03.01 【社労士プラザ】
農業の働き方改革/田中章公社会保険労務士事務所 田中 章公

 このところ、国の様ざまな事業のお陰で農業に携わる経営者の方々とかかわる機会が増えてきている。そこで、「農業の働き方改革」に触れてみたいと思う。  日本の農業には沢山の問題があり、離農や高齢化による担い手不足、耕作放棄地の拡大、海外の安価な農産物の輸入による影響など多岐にわたる。これらの問題から「農業は衰退産業だ」と思っている人は多く、い……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ