string(30) "/column/column_category/plaza/"
string(15) "column_category"

社労士プラザ

2018.04.15【社労士プラザ】
社労士制度創設50周年/上田社会保険労務士事務所 上田 和男 NEW

 今年は、社会保険労務士制度創設50周年を迎える。 そこで私自身の社労士歴を振り返るとともに、これからの社労士について語りたい。 受験当時、試験は記述式と択一式で合格率も今ほど低くはなかった。業務を始めたのは、法人であれば役員1人であっても社会保険加入が義務付けられたころで、毎月、新規適用の対応に追われたものである。 昭和61年4月に基礎……[続きを読む]

上田社会保険労務士事務所 上田 和男 氏
2018.04.08【社労士プラザ】
企業研修で介護離職防止/Beeパートナーズ社労士事務所 吉岡 規子

 2012年2月から介護離職防止、仕事と介護の両立の企業支援を行っている。きっかけは2009年、私自身が突然介護をする事態となったからだ。  最初の1年は先がみえない不安と、介護に対する知識や意識も足りず、気持ちに余裕がないためか家族間で心を通わせることに苦労した。また、仕事のパフォーマンスも落ちて思いどおりに仕事が進まず、仕事を辞めた……[続きを読む]

Beeパートナーズ社労士事務所
吉岡 規子 氏
2018.04.01【社労士プラザ】
人生に寄り添った支援へ/熊谷社会保険労務士事務所 熊谷 祐子

 私は現在、介護事業の労務管理、成年後見、障害年金の請求を主軸とし、セミナー講師等も行っている。 最近思うことがある。仕事も人生も全てがつながっているのだと。「人脈こそ宝なり」というが、私のこれまでの仕事人生を振り返ってみると、本当にそのとおりである。人事・総務・経理を経て、営業部で奮闘している時に実母の介護のために介護離職を経験した。そ……[続きを読む]

熊谷社会保険労務士事務所
熊谷 祐子 氏
2018.03.25【社労士プラザ】
社会保障の正しい利用を/すずきた社会保険労務士 行政書士事務所 代表 鈴木 孝之

 会社に就職したら原則として厚生年金や健康保険に加入することは、多くの人が知っていることである。しかし、それら社会保険は、実は複雑でとても分かりづらい。  たとえば、健康保険組合は、いわゆる協会けんぽに比べ保険給付や保険料負担において有利であったり、また、国保組合に加入している自営業者などが会社勤めをするときに、会社として健康保険に加入……[続きを読む]

すずきた社会保険労務士 行政書士事務所 代表
鈴木 孝之 氏
2018.03.18【社労士プラザ】
AI進化で業務拡大も/山内労務コンサルタント事務所 副所長 中島 和香

 2017年版中小企業白書によれば、日本の企業のうち中小企業は99.7%を占めており、そのうち小規模企業は85.1%であるという。小規模企業とは、製造業その他で従業員数20人以下、商業・サービス業で5人以下の企業のことである。  少子高齢化に伴う従業員の高齢化、引退、採用難により、中小企業が人事労務関係の専門知識や経験を持った事務担当者……[続きを読む]

30.3.19

年月アーカイブ

ページトップ