社労士プラザ

2019.08.10 【社労士プラザ】
強み生かし外国人雇用支援/神保社会保険労務士事務所 代表 神保 裕

 昨年後半より国会で外国人雇用に関する議論が行われ、今年4月から「特定技能」という新たな在留資格が創設された。  厚生労働省が毎年発表している「外国人雇用状況」の届出状況まとめでは、2018年10月時点で外国人労働者の総数は約146万人となっている。これは前年比約14%の伸びで、特定技能の創設も追い風となり今後とも高い伸びが予想されている……[続きを読む]

2019.08.04 【社労士プラザ】
難しい自殺の労災認定/友智L&Lコンサルティング 山内 俊吾

 昨年の夏、某運送会社勤務の管理職Aさんが自宅で亡くなった。本来の業務に加え多岐にわたる日常業務、昼夜・平休日の区別がない長時間労働、会社および親会社とドライバーと依頼主の板挟み、重要案件のAさんへの丸投げ、自己保身に走るだけで執拗なパワハラを繰り返す会社の上司などに起因して、精神的重圧・苦痛を長期間感じ、慢性的な睡眠不足や心痛に耐え切れ……[続きを読む]

2019.07.26 【社労士プラザ】
経営は楽をすること/よもぎた社会保険労務士事務所 所長 蓬田 信一

 職員を雇用したにもかかわらず、いつまで経っても経営が楽にならない。そのように毎日感じていた。  東日本大震災により被災された企業の復興のお手伝いを1年間させていただく機会を得、その時に知り合った経営幹部に教えていただいた言葉が私の考え方を変えた。  「経営は楽をすること。どんどん大変になっているのであれば、それは経営ではない」。自分では……[続きを読む]

2019.07.21 【社労士プラザ】
RPAやAIの導入支援/はるか社会保険労務士事務所 所長 池上 麻衣

 新卒で労務管理部門に配属されてから約16年、2018年6月に開業し1年が経った。勢いで開業してしまったが、出産前後から自分の裁量で働けるようになりたいと思っており、現在3歳の子供を育てながら仕事をしている。ありがたいことに少しずつ顧問先も増え、スタッフも雇用することができた。  現在は給与計算を中心に、手続き・相談・コンサルティング業務……[続きを読む]

2019.07.07 【社労士プラザ】
未来に向けて研鑽重ねる/玉木尚子社労士事務所 所長 玉木 尚子

 社労士制度50周年記念式典のDVDをみると、士業としての意識が高まる。集まった社労士一人ひとりに日常のストーリーがあることを思うと、勇気をもらえる。記念の年に3つの視点で自らの社労士活動を自問してみた。 ① 大切にしている時間と会話  事業主が労務管理の整備を行い、変化が起き「安心して働ける職場」となる。心を傾けている事業主との大切な時……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ