string(31) "/column/column_category/review/"
string(15) "column_category"

書評

2017.12.16【書評】
【今週の労務書】『概説 労働市場法』 NEW

請負・委任も適用対象に  あまり労働法学が研究の対象としてこなかった、労働市場法の体系化を試みた一冊。本書の特徴は労働市場法の適用対象である「求職者」の範囲を請負・委任などのフリーランスで働くことを希望する者まで広げて考えるべきとしている点だ。  つまり、労働市場法の目的である「完全雇用」や「労働権」を正社員、非正社員、フリーラン……[続きを読む]

51PdNrkwCzL._SX348_BO1,204,203,200_
2017.12.09【書評】
【今週の労務書】『最適な労働時間の管理方法がわかるチェックリスト』

期待される効果を確認 働き方改革の実現に向けて企業における労働時間管理の重要性が高まるなか、自社に適した労働時間管理方法を導入するためのポイントを解説したのが本書。 筆者は、実態に合わない労働時間管理をしていると法違反になるうえ、賃金未払いが発生していれば是正のために計り知れない労力と原資が必要になると警鐘を鳴らす。 各変形労働時間制や裁……[続きを読む]

515G21XUfPL._SX351_BO1,204,203,200_
2017.12.03【書評】
【安全衛生・お薦めの一冊】『人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話』

心をケアする精神腫瘍医  働き方改革では、治療と仕事の両立支援が求められているところだが、実際にはがん宣告を受けると多くの人は混乱をする。そのような現状のなか、がん患者の心のケアを行う精神腫瘍医の存在が注目されつつある。  本書は、国立がん研究センターの清水研医師と7人の患者を取材し、対話の内容をまとめたもの。その体験者の一人、5……[続きを読む]

41jF708TzBL._SX339_BO1,204,203,200_
2017.12.02【書評】
【今週の労務書】『同一労働同一賃金ガイドライン案に沿った待遇基準・賃金制度の作り方』

1つの賃金表に全員を 正規・非正規や雇用形態の違いに対し、いかに合理的に賃金を決定すべきか、理論的に整理した良書だ。場当たり的な対処法を説くのではなく、ガイドライン案に正面から向き合い、これからの制度設計の具体例を提示している。 初心者にも十分配慮した内容となっており、第1章では公的な統計を用いて正社員やパートの賃金実態が概観され、第3章……[続きを読む]

123456789
2017.11.25【書評】
【今週の労務書】『中国労働法事件ファイル』

日本より厳しい無期転換  中国人労働者を現地で雇う場合だけでなく、日本人や日本で採用した中国人を出向させるようなケースにおいて知っておかなければならない中国の労働法を解説するのが本書。39のトラブルに対し、裁判例を掲載しつつ弁護士が解説をしていく。  中国の労働法では、当然、出向する日本人に対しても労働契約書を作成することが義務付……[続きを読む]

51CdiyBSWxL._SX351_BO1,204,203,200_

年月アーカイブ

ページトップ