string(30) "/series/series_category/staff/"
string(15) "series_category"

安全スタッフ

2018.08.09【安全スタッフ】
【イラストで学ぶリスクアセスメント】第175回 タコ足配線による災害

 近代社会で電気は、事業場・公共・生活の場など、あらゆる場所で利用されている「必要不可欠なエネルギー〔*1〕」です。8月は高温多湿のため「感電や電気事故」が多く、8月1~31日は、「電気使用安全月間(経済産業省)」なので、今回は「電気火災」をテーマにします。 身近な家庭電気製品の火災発生状況をみると、「電気ストーブ」「コード」「コンセント……[続きを読む]

2018.08.09【安全スタッフ】
【裁判例が語る安全衛生最新事情】第302回 東京電力福島第一原発群馬事件 国との関係では予見可能性が責任要件に 前橋地裁平成29年3月17日判決

Ⅰ 事件の概要  本件は、全国約30カ所で審理されている福島第1原発事故の集団訴訟であり、通称「生業訴訟」といわれている。  原告X1ら137人は、原発事故発生当時に、福島県に居住していた(4人は本件事故後に出生している)が、居住地が放射性物質に汚染されたと主張している者たちであり、避難指示等対象地域内に72人、自主避難等対象区域内に……[続きを読む]

2018.08.09【安全スタッフ】
【イチからカクニン安衛法】鉄骨組み立て・鋼橋等の安全基準

作業計画策定し危険防止 安衛則の第2編8章の2から8章の6までは、建築物の組立て・架設・解体に関する基準を定めています。 安衛則制定当時からある規定ではなく、危険性に対する認識度が高まったため、後から法整備されたものです。 追加の歴史をたどると、以下のとおりです。昭和52年改正(53年4月1日施行) ・8章の2(建築物の鉄骨の組立て等の作……[続きを読む]

2018.08.09【安全スタッフ】
【建設業の労働災害事例】第251回 ブレーカで埋設ガス管を破損し、漏洩したガスに引火

災害の発生状況1.工事は、工場構内の基礎コンクリート(厚さ40cm、縦7.2m×横16.2m、約116.6㎡) の解体・搬出作業で、災害発生時は、ブレーカで基礎コンクリートの破砕作業を行っていた。2.午前11時20分頃、ブレーカのオペレーターは、コンクリート基礎部分の角をめくり上げようとブレーカの先を地中に刺した際、地中33cmに埋設され……[続きを読む]

2018.08.09【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第46回 ほとんどの作業者にはヒヤリハット経験がある それを生かさない手はない

バックホウが突然、作業者に牙をむく  前回に引き続き、今回もテーマはヒヤリハットです。  先日、ある水道工事会社が社員と関係会社を対象として主催した、実機を使ったバックホウの勉強会に立ち会う機会がありました。元請業者であるこの会社は、精力的に安全活動を行っている中小企業で、その勉強会には、自社の現場責任者、実際の施工を担う協力会社……[続きを読む]

雨合羽が操作レバーに引っ掛かかり誤作動

年月アーカイブ

ページトップ