労働判例

2017.09.20
入社1年で同業へ転職され誓約書違反と賠償求める リンクスタッフ元従業員事件(大阪地判平28・7・1) NEW
ジャンル:
  • 労働契約上の権利義務
  • 損害賠償
  • 有料職業紹介
  • 競業避止義務

 病院への有料職業紹介を行う会社が、競業禁止の誓約書に反して同業他社に転職した元従業員に対し、100万円の損害賠償を求めた。大阪地裁は、誓約書自体を無効とした。在籍約1年の平社員に対し3年間にわたり、地域の制限なく同業への転職を禁じ、代償措置とされる手当も月2200円に過ぎないなど、広い競業禁止の範囲を正当化するものとはいえないとした。………[続きを読む]

2017.09.13
「働き方改革」へ判例再検証 職場に役立つ最新労働判例 連載1000回特別企画(下) 下級審編
ジャンル:
  • テレワーク
  • ワーク・ライフ・バランス
  • 働き方改革
  • 副業
  • 長時間労働

役員個人も責任負う 「認定基準」と別判断も 企業の安全配慮義務違反 「働き方改革実行計画」のうち、「長時間労働の是正」「兼業・副業の促進」「高齢者の就業促進」に関する下級審判決を、解説者のコメントとともに紹介。大手広告代理店の新入社員の過労自殺もあり脱長時間労働の流れが加速する中、判例では過労死に対して役員や上司ら個人の責任を認めた事案が……[続きを読む]

2017.09.06
「働き方改革」へ判例再検証 職場に役立つ最新労働判例 連載1000回特別企画(中) 下級審編
ジャンル:
  • マタハラ
  • 働き方改革
  • 同一労働同一賃金
  • 女性活躍
  • 雇止め

格差に“長期雇用”考慮 割増率不合理の例あり 1000回特別企画の2回目は、7人の解説者に「働き方改革実行計画」に関連した下級審判決を解説してもらった。同一労働同一賃金をめぐり、政府ガイドライン案が早くも判決に影響を及ぼしているとの指摘があった。有期契約の不更新条項には、書面合意のみで有効とはいえない点に留意が必要とも。「子育てと仕事の両……[続きを読む]

2017.08.30
「働き方改革」へ判例再検証 職場に役立つ最新労働判例 連載1000回特別企画(上) 最高裁編
ジャンル:
  • マタハラ
  • 働き方改革
  • 定年
  • 精神疾患
  • 退職金

「多様な人材」に配慮を 書面のみ不十分も 労働条件の不利益変更 「職場に役立つ最新労働判例」が、連載1000回に達した。解説者7人へのアンケートを通じ、直近10年の判決の中からカギとなる事案を整理し、3回にわたって紹介する。初回は、精神疾患の発症や妊娠・出産をめぐり配慮を求める事案が目を引いた最高裁判決から取り上げる。次回からは「働き方改……[続きを読む]

2017.08.23
私的なチャットで解雇、費やした時間の賃金返せ!? ドリームエクスチェンジ事件(東京地判平28・12・28)
ジャンル:
  • 懲戒・懲戒解雇
  • 服務規律違反
  • 職務専念義務

 私的なチャットを理由に懲戒解雇された元課長が、処分無効を求めた事案。会社は反対に労働時間ではないとして賃金返還を求めた。東京地裁は、業務連絡にチャットが使われていた中で、1日約2時間の私的利用は職務専念義務に反し、内容も会社の信用を毀損するなど処分有効とした一方、私語と業務連絡が混在し時間を特定できないため、まとめて指揮命令下とした。………[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ