判決年月2017年5月の労働判例

2018.04.19 【判決日:2017.05.11】
凸版物流ほか1社事件(さいたま地裁川越支判平29・5・11) 工場内に待機させ欠員出れば採用の日々紹介は 職安法違反も賠償は認めず
ジャンル:
  • 労働契約
  • 派遣

 「日々紹介」は違法な労働者供給として、労働者が人材紹介会社や請負会社に慰謝料等を求めた。労働者は「元」と現場待機のため1時間の労働契約を結ぶ一方、欠員が出れば「先」と都度契約していた。裁判所は契約の時間帯が20分重複し、二重の雇用関係にあるなど職安法44条違反としたが、同条は行政取締法規に過ぎず、就労の期待も法的保護には値しないとした。……[続きを読む]

2017.12.21 【判決日:2017.05.17】
イオンディライトセキュリティ事件(千葉地判平29・5・17) 24時間勤務の警備員、仮眠や休憩に未払賃金求める 不活動時間でも指揮命令下
ジャンル:
  • 仮眠時間
  • 割増賃金
  • 労働時間
  • 警備業
  • 賃金

 警備員が4時間の仮眠や30分の休憩時間は、労働時間に当たるとして賃金支払いを求めた。千葉地裁は、警備は1人体制であり、警報の作動時には「即応」が求められていたと判断。仮眠中も寝巻きに着替えることはなく、緊急出動の実績も踏まえて、全体として労働から解放されているとはいえず指揮命令下にあるとした。付加金と合わせ177万円の支払いを命じた。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ