判決年月1996年4月の労働判例

1997.03.03 【判決日:1996.04.26】
東映視覚事件(青森地弘前支判平8・4・26) 企業のかけた死亡保険金と遺族への配分 全額支給する必要はない
ジャンル:
  • 賃金
  • 賃金請求権

企業内のルール化 従業員との合意を 筆者:弁護士 中山 慈夫(経営法曹会議) 事案の概要  本件は、取締役Xの遺族が、Xの病死により会社が取得した保険金の支払い、または保険金と同額の死亡退職金及び弔慰金の支払いを求めた事案である。会社は、役員・従業員の福利厚生や退職金・退職慰労金の準備のため、各種の保険に加入していた。Xについても、会社は……[続きを読む]

1997.02.03 【判決日:1996.04.14】
岩手県交通事件(盛岡地裁一関支部判平8・4・14) 不正取得での懲戒の根拠に 繁忙期の出勤要請拒否し、生理休暇を取得
ジャンル:
  • 懲戒・懲戒解雇
  • 懲戒権の濫用

月経困難症の証拠なく、長時間の旅行 筆者:弁護士 安西 愈 事案の概要  本件は、バス会社の貸切バスガイドが、会社の指示等に反し業務繁忙期に休暇等を取得して民謡大会等に出場ないし出演したことにより、懲戒処分として6カ月間の休職等の処分を受けたため、その無効確認及び休職期間中の給与の支払いを請求した事案である。  事件は4件ある。①原告が、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ