判決年月2002年8月の労働判例

2003.09.29 【判決日:2002.08.01】
ブックローン事件(東京地判平14・8・1) 配転拒否し指名スト、解雇には不当労働行為と対抗 業務命令違反で有効と認定
ジャンル:
  • 懲戒・懲戒解雇
  • 業務命令違反
  • 配転・出向

労組法に抵触せず 地労委判断を維持 筆者:弁護士 渡部 邦昭(経営法曹会議) 事案の概要  甲は、セメント・生コン産業及び運輸・一般産業に関連する労働者により組織された労働組合である。  会社(ブックローン㈱)は、出版物の長期月賦販売等を業とし、神戸市に本社を置くほか、全国に支社および営業店を有する。従業員数は約160人。  昭和52年3……[続きを読む]

2003.05.12 【判決日:2002.08.14】
ブラジル銀行事件(東京地判平14・8・14) 6カ月更新の業務委託は期間の定めない雇用契約!? 期間限定で雇止めは有効
ジャンル:
  • 更新拒否(雇止め)
  • 解雇

継続の期待を否定 就則より契約優先 筆者:弁護士 渡部 邦昭(経営法曹会議) 事案の概要  Yは、ブラジル国商法に基づき設立されたブラジル国の国立銀行で、東京都千代田区に東京支店を設置し、銀行業を営む。  甲(ブラジル生まれの日系人で、日本に帰化、日本国籍を取得)は昭和39年にYの本店に雇用され、東京支店次長を務め、平成9年5月に退職。……[続きを読む]

2003.04.28 【判決日:2002.08.09】
近畿松下テクニカルサービス事件(大阪地判平14・8・9) 希望退職への応募妨害されたと依願退職者 事前に意思表明の機会あり
ジャンル:
  • 早期退職優遇制度
  • 退職

適用除外の定めを 割増は会社承認で 筆者:弁護士 山田 靖典(経営法曹会議) 事案の概要  Xは、平成13年2月24日、退職届をY社に提出し3月31日付けでY社を退職したところ、Xの退職は、Y社の違法な退職勧奨に応じたものであって、本来であれば早期希望退職制度に応募する予定であったにもかかわらず、Y社の違法行為によりその応募の機会を失った……[続きを読む]

2002.10.21 【判決日:2002.08.10】
エース損害保険事件(東京地決平14・8・10) 退職勧奨に応じなかった“低能率社員”を解雇 会社側に問題あり無効
ジャンル:
  • 職務能力
  • 解雇
  • 退職
  • 退職勧奨

一方的な合理化で不安、不信を助長 筆者:弁護士 石井 妙子(経営法曹会議) 事案の概要  Y社は、平成11年9月、希望退職募集・全社員対象の社内公募制度を実施した。  X1、X2は勤続20年を超える正社員であったが、社内公募に応じなかったので、Y社は同年12月にXらに対し地方支店への転勤を命じた。また、Y社は両名に対し翌年8月から9月にか……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ