判決年月2003年9月の労働判例

2004.02.23 【判決日:2003.09.17】
メリルリンチ・インベストメント・マネージャーズ事件(東京地判平15・9・17) 弁護士に企業秘密開示、守秘義務違反で解雇へ 自己救済目的で不当性なし
ジャンル:
  • 守秘義務違反
  • 懲戒・懲戒解雇

 いじめや差別的処遇が行われているとして弁護士に社内人事情報などを開示した従業員を、守秘義務違反・書類返還要請拒否を理由に懲戒解雇したが、目的が自己の救済であり不当とはいえないとして特段の事情を認め、解雇は軽微な理由により無効とした。委任前であっても弁護士への開示は許されるとも。 特段の事情認定し 解雇は無効と判断 筆者:弁護士 牛嶋 勉……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ