判決年月1991年5月の労働判例

1992.03.30 【判決日:1991.05.31】
名古屋学院事件(平3・5・31名古屋地判) 年金廃止の就業規則変更 ★
ジャンル:
  • 退職金
  • 就業規則の不利益変更

必要性・内容が合理的なら 筆者:弁護士 安西 愈(中央大学法学部講師) 事案の概要  本件事実関係はかなり複雑であるが、一般化できるものに限って要約すると、次のようになる。  本件学院ではいろいろの経緯から、本件就業規則改正問題時の昭和52年頃には、被告学院及び原告ら職員が従前から本件年金制度以外に私学共済年金制度にも加入しており、さらに……[続きを読む]

1992.02.10 【判決日:1991.05.27】
新宿労基署長事件(平3・5・27東京高裁) 高血圧症者が業務上に
ジャンル:
  • 労災
  • 業務上・外認定

問われた“健康配慮義務” 筆者:弁護士 山田 靖典(経営法曹会議) 事案の概要  Aは、D印刷会社に昭和43年1月27日から同50年1月28日までは印刷工として、同年同月29日から同52年2月14日まではロッカー室管理人として勤務していたが、その勤務形態は、いずれも深夜勤務を含む交代制勤務であった。同人は従前から高血圧症に罹患していたが、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。