判決年月2010年1月の労働判例

2010.06.28 【判決日:2010.01.15】
EMIミュージック・ジャパン事件(静岡地判平22・1・15) 承継先が分割後の賃下げを予定、「元」は説明不要か 譲渡元・先で事前合意あり
ジャンル:
  • 労働契約
  • 承継

 事業譲渡目的の会社分割で転籍した2人が、譲渡元から賃金引下げの説明がなかったとして債務不履行による損害賠償を請求。静岡地裁は、説明は原則不要だが、承継後に株式譲渡された「先」との間では、事前に分割後の賃下げ予定について社員へ説明する旨合意しており、商法に基づく協議の前提として労働契約上の説明義務を負うとして、15万円の支払いを命じた。……[続きを読む]

2010.05.31 【判決日:2010.01.15】
フィンエアー事件(東京地判平22・1・15) フライト延長でマニュアルに基づき欠員手当を要求 事後的な解釈基準ではない
ジャンル:
  • 賃金
  • 賃金請求権

 客室乗務員(CA)11人が、予定時間を上回るフライトとなったため、「マニュアル」で定めるCAの数に足りないとして欠員手当を求めた。東京地裁は、結果として12時間を超えた乗務で、超勤手当に加えて欠員手当を支給すれば公平を失すると判示。遡及規定もないうえ、マニュアルは行動指針に過ぎず、賃金規定を補充する事後的な解釈基準ではないとして請求を棄……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ