判決年月1999年12月の労働判例

2000.05.29 【判決日:1999.12.14】
徳島南海タクシー事件(最決平11・12・14) 歩合給制度における割増賃金の定額払いの可否? 確定支給でないとダメ
ジャンル:
  • 割増賃金
  • 賃金

水揚げが減っても減額ないのが前提 筆者:弁護士 加茂 善仁(経営法曹会議) 事案の概要  XらはYタクシー会社の乗務員で、Z組合の組合員である。Y社と組合との間において締結された協定書の賃金体系によると、乗務員の賃金は、基本給、乗務給、精皆勤手当、超勤深夜手当と、水揚額が責任水揚額を超えた場合には、その水揚額に所定の賃金比率を乗じて得られ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ