判決年月1994年10月の労働判例

1996.06.26 【判決日:1994.10.27】
放送映画製作所事件(東京地判平6・10・27) 労組員の地位と利益代表者の両立は? 昇格認めなくてもOK
ジャンル:
  • 労働組合
  • 昇給昇格・降格

職務内容・権限から個別・具体的に判断 筆者:弁護士 開原 真弓(経営法曹会議) 事案の概要  テレビ映画の製作等を営む会社が組合員を部長職、副部長職、課長職及びチーフ職に「昇格させないことが不当労働行為」であるとして、組合が大阪地労委に救済申立てを行った。地労委は、部長職については不当労働行為の成立を否定したが、副部長以下の職についてその……[続きを読む]

1995.02.27 【判決日:1994.10.25】
トーコロ事件(東京地判平6・10・25) 36協定の当事者に親睦会の会長 自主的団体と認めがたい
ジャンル:
  • 割増賃金
  • 賃金

残業拒否での普通解雇が無効に 筆者:弁護士 中山 慈夫(経営法曹会議) 事案の概要  会社では時間外労働に関する労使協定(労基法36条、いわゆる「36協定」)を締結し労基署長に届け出ていたが、従業員Xは残業拒否や会社の指示に反する態度をとった。このため、会社は①Xが時間外労働の全面中止を主張し、自ら残業拒否をもって反抗したこと②労基法違反……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ


ご利用いただけません。