判決年月2003年12月の労働判例

2004.01.19 【判決日:2003.12.04】
代々木ゼミナール事件(最判平15・12・4) 産休等の期間を欠勤扱いし賞与を全額不支給に? 出勤率90%は公序に反する
ジャンル:
  • 賃金
  • 賞与・一時金

 産休・育児時短勤務者の賞与に関し、その期間を欠勤扱いし、支給要件の出勤率90%に達しないとして全額不支給にした事案で、地裁、高裁とも公序に反し無効と判断、全額支給を命じたが、最高裁は出勤率要件については同様に無効としながらも、欠勤日数に応じた減額措置は有効とした。 権利抑止力が強い 減額措置は“有効” 筆者:弁護士 石井 妙子(経営法曹……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ