判決年月1995年5月の労働判例

1995.10.09 【判決日:1995.05.25】
企業組合中央雇用福祉事業団事件(東京地判平7・5・25) 理事との諭争で脳出血と損害賠償請求 相当因果関係認めず棄却
ジャンル:
  • 労働契約上の権利義務
  • 安全配慮義務
  • 損害賠償

社会生活上一般に認められる範囲内 筆者:弁護士 安西 愈 事案の概要  原告は、T雇用福祉事業団(以下「被告企業組合」という)の組合員で、営業部員として営業活動をしていたところ、被告企業組合が営業部門を廃止し、事業部門制に移行させたことに伴い被告企業組合から事業部門で就業するよう説得を受けていたにもかかわらず、従来どおりの営業活動をしてい……[続きを読む]

1995.08.21 【判決日:1995.05.17】
安田生命保険事件(東京地判平7・5・17) 組合脱退者に対する労働協約の効力 脱退、除名者には及ばない
ジャンル:
  • 労働組合

規範的効力は締結組合員に限る 筆者:弁護士 加茂 善仁(経営法曹会議) 事案の概要  Y保険会社は、市場拡大のため全営業職員について市場開発、顧客管理制度(SSエリア制度)を新たに導入することとし、営業職員の給与や手当の変更について、A、B両組合に、労働協約の締結を求めたところ、A組合はこれに応じたが、B組合は反対し、協約の締結には至らな……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ