判決年月2012年5月の労働判例

2012.12.10 【判決日:2012.05.24】
エバークリーン事件(千葉地裁松戸支判平24・5・24) ケガしたドライバーが工場職への配転無効を求める 職種限定の合意認められず
ジャンル:
  • 配転・出向

 業務上のケガから工場職へ配置転換されたドライバーが、職種限定の合意に反するとして、配転の無効や差額賃金などを求めた。千葉地裁松戸支部は、就業規則には根拠規定があり、年間5人程度の異動実績もあるなど職種を限る合意は認められないと判示。腰や膝を痛めて長距離運転は困難で、安全配慮義務や業務遂行の見地から配転命令に業務上の必要性が認められるとし……[続きを読む]

2012.12.03 【判決日:2012.05.16】
ニチアス事件(東京地判平24・5・16) 退職から50年後の石綿団交、拒否は不当労働行為? 粗暴な言動から協議は困難
ジャンル:
  • 労働組合

 石綿ばく露の補償をめぐる団交拒否について、県労委の不当労働行為の救済命令を中労委が取り消し、退職者分会らが国を訴えた。東京地裁は、退職から団交申入れまで約50年も経ち、労働者代表と扱うか会社が疑問を抱いても当然と判示。粗暴な言動を繰り返す組合員と正常な協議ができないとの会社判断は合理的で、労組法上の「正当な理由」に基づく団交拒否とした。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ