判決年月2018年7月の労働判例

2018.10.04 【判決日:2018.07.19】
日本ケミカル事件(最一小判平30・7・19) 定額残業代上回るか確認できないと清算求める 実時間数の明示必須でない
ジャンル:
  • 割増賃金
  • 賃金

 定額残業代を時間外労働の対価とみなすには、労働者が割増賃金を上回るか認識できる仕組みが必要とした判決の上告審。相当する時間数や割増単価が不明で定額制を無効とした高裁に対し、最高裁は、手当が時間外労働等の対価である旨雇用契約書や賃金規程等に記され、原審判示の事情は必須とは解されないとした。時間外数と手当額は大きくかい離もしていなかった。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ