判決年月2010年10月の労働判例

2011.09.12 【判決日:2010.10.04】
国・米沢労基署長(通勤災害)事件(東京地判平22・10・4) 終業後スポーツ大会から帰宅中の事故は通勤災害? 自由参加で就業と関連ない
ジャンル:
  • 労災
  • 業務上・外認定

 終業後に行われた従業員会主催のバドミントン大会の帰路、新入社員が事故に遭い、通災給付の不支給取消しを求めた行政訴訟。東京地裁は、参加は自由で全従業員の2割程度であること等から事業主の支配、管理下にはなく業務性を有しないと判示。使用したのは市営体育館で事業場から約100m離れていること等から、就業の場所とも認められないとして請求を棄却した……[続きを読む]

2011.05.23 【判決日:2010.10.29】
新聞輸送事件(東京地判平22・10・29) 酔った派遣社員へのセクハラで降格のうえ年俸減額 処分は妥当だが減給は無効
ジャンル:
  • セクハラ
  • 女性

 新聞輸送会社の営業所次長が、酒に酔った女性派遣社員へセクハラをし、解決に当たった総務部副部長とともに降格となったため2人が処分取消しを求めた。東京地裁は、行為の態様や被害者への配慮を欠く態度等から各処分は人事権の裁量の範囲内で有効としたが、年俸を同意なく減額できる旨の合意は成立しておらず、減額できる権限もないとして差額の支払いを命じた。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ