判決年月1999年7月の労働判例

2000.06.19 【判決日:1999.07.23】
ナカミチ事件(東京地八王子支決平11・7・23) 整理解雇4要件を十分に満たしていない解雇は? 直ちに無効とはならない
ジャンル:
  • 整理解雇
  • 解雇

回避措置の判断に「規制緩和」の動き 筆者:弁護士 渡部 邦明(経営法曹会議) 事案の概要  本件は、会社(ナカミチ株式会社)の従業員であった労働者AおよびBが、会社から就業規則に定める「やむを得ない業務の都合による場合」にあたるとして、業務上の都合による指名解雇(いわゆる整理解雇)の通告を受けたのに対し、整理解雇の要件を充足していないこと……[続きを読む]

2000.03.27 【判決日:1999.07.13】
ソフィアシステムズ事件(東京地判平11・7・13) 業務を廃止し余剰人員を名古屋から川崎に配転 業務上の必要性認める
ジャンル:
  • 配転・出向

退職を強要する目的との主張を一蹴 筆者:弁護士 加茂 善仁(経営法曹会議) 事案の概要  本件は、電子機器の製造・販売等を行うY会社に技術職として採用され、名古屋営業所に転勤して、フィールド・サポート業務(顧客先で修理やトラブルを処理する)を担当していたXが、名古屋営業所から川崎マイコンシティ事業所への配転命令を受けたことに対し、①名古屋……[続きを読む]

2000.02.21 【判決日:1999.07.14】
日本セキュリティシステム事件(長野地佐久支判平11・7・14) 夜勤の休憩・仮眠時間に時間外・深夜割増の請求 指揮命令下での労働時間
ジャンル:
  • 仮眠時間
  • 労働時間

消滅時効の主張を斥けたのは疑問!! 筆者:弁護士 中山 慈夫(経営法曹会議) 事案の概要  本件は、夜勤業務の休憩・仮眠時間も労働時間であるとして、会社の従業員であったXらが、夜勤の警備員として勤務していた平成2年11月支払分から平成5年4月支払分までの時間外労働及び深夜労働に対する割増賃金を請求したものである。Xらの勤務時間は原則として……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ