ひのみやぐら

2024.06.11 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】油断で起こるヒューマンエラー

 1メートルは一命とる――。低い箇所からの墜落でも、身体の打ちどころによっては、命とりになりかねないという意味を持つ安全講話ではお馴染みの言葉だ。作業をするときは、低い箇所といえども安全に配慮し、気をつけなければならない。今号、「安全衛生眺めてみれば」では徒然草の一節、「高名の木登り」を用いて油断や自信過剰が原因となるヒューマンエラーにつ……[続きを読む]

2024.05.28 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】安全週間で「中間チェック」を

 今年も全国安全週間準備期間が6月1~30日、本週間が7月1~7日に行われる。年度末で何かと慌ただしい3月、新たに就任した職長に対する講習、労働災害を起こしやすい新入社員の教育を経て、管理体制も整い、ようやく年間の取組みの佳境となるのが6月ではなかろうか。年の半ばに位置する6、7月は全国安全週間にかかる。この機会に事業場の施策について、分……[続きを読む]

2024.05.10 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】信頼できる人材こそ〝城〟

 人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇(かたき)は敵なり――。歴史に興味のある人ならご存知だろう。戦国時代の武将、武田信玄の名言だ。この言葉はよく企業経営やマネジメントの教訓のように使われることが少なくない。  言葉の解釈はさまざまあるものの、前半部分は「人は石垣や城と同じくらい、戦(いくさ)の勝敗を決するのに重要である」という意味に……[続きを読む]

2024.04.26 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】高齢者の熱中症に注意を

 5月となれば夏に向かって暑さが厳しくなる。厚生労働省では5月1日~9月30日までを「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」に設定しており、職場での熱中症予防を図るよう、災害防止団体や事業場に呼びかけている。昨年の死亡災害発生状況をみると、死亡者28人のうち、60歳代以上は10人。50歳代以上も含めると17人と半数以上を占めており、高……[続きを読む]

2024.04.10 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】可燃物管理は4Sの徹底で

 火災による労働災害が多発しているとして、福井労働基準監督署、水戸労基署では、事業場に注意を呼びかけている(参考記事=【ズームアップ】事業場の火災増加で点検要請 福井労基署――発生要因をチェックリストに 水戸労基署――原子力施設へ管理強化求める)。福井労基署では溶接作業や同作業で発生した火花にガスが燃え移るなどの労働災害が起きており、火災……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。