人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。読者専用サイト内のご相談フォームからご利用ください。

NEW2018.10.12

「紛争処理センター」とは 損害賠償額に納得いかず

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 横断歩道で軽自動車に接触してケガをしました。ケガはむち打ち症でしたが、後遺障害は残らず完治しました。しかし、相手の損害保険会社の賠償提示額に納得ができず、「賠償額を上げてほしい」と要求したところ、「この額で示談をしないのなら、交通事故紛争処理センターで解決すればいい」といわれました。紛争処理センターとはどういうところですか。満足できる解決をしてくれますか。【茨城・S生】

A

法律の専門家がサポート 基準に照らして金額提案

 「(公益財団法人)交通事故紛争処理センター」とは、「自動車事故の被害者(申立人)と加害者または加害者が契約する保険会社または共済組合との示談をめぐる紛争を解決するため、申立人と相手方との間に立って法律相談、和解あっ旋および審査手続きを無料で行っている」ところです。申込みは申立人本人が申し立てることを前提にしており、…

回答の続きはこちら
NEW2018.10.12

硫化水素の危険性教えて タンク内の中毒事故受け

ジャンル:
  • 安全管理
Q

 先日、薬品タンク内に梯子で降りた作業員が、硫化水素中毒で死亡する事故がありました。硫化水素はどのようなときに危険なのですか。【兵庫・I社】

A

地下やくぼみに滞留する 十分な換気や計測が必要

 硫化水素(H2S)は腐った卵のような刺激臭を伴うガスで、火山や温泉地などで発生します。比重が1.19と空気より重く、地下やくぼみに滞留しやすい気体です。1997年には青森県八甲田山近くの演習場で、自衛隊員3人が訓練中にくぼ地に溜まっていた硫化水素で死亡しました。

 硫化水素中毒の過去10年間の業種別発生状況をみると、発生件数は製造業が最も多く、次いで建設業、清掃業の順で、し尿や汚水のタンクやマンホールや管路などからの発生が大半を占めています。…

回答の続きはこちら
NEW2018.10.11

退職トラブル~仕事を辞めさせてもらえない~

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 会社を辞めたいのですが、辞めると言ったら、社内で上司らに囲まれ、「会社が、回らなくなる。訴えるぞ」と脅されました。辞めることはできないのでしょうか。離職票ももらいたいのですが…。

A

 労働局や労基署にある総合労働相談センターに平成29年度に寄せられた相談のうち、退職届を受け付けてもらえない、離職票がもらえないなど自己都合退職をめぐるトラブルは、4万件弱ありました。これは解雇の約3万3000を上回ります(厚労省「平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況」)。

回答の続きはこちら
NEW2018.10.11

家族の旅費支給されるか 就職に伴い遠方に引越し

ジャンル:
  • 雇用保険法
Q

 就職の都合で引っ越したとき、ハローワークに費用を請求できる場合があると聞きます(平30・9・15本誌2314号参照)。遠隔地への転職を考えていますが、決定すれば、母親、妻、子供と一緒に転居することになります。家族の分の旅費等は、どのような扱いになるのでしょうか。【福岡・U生】

A

交通費・雑費の支給あり 生計維持される同居親族

 給付内容を説明する前に、受給要件を再確認しておきます。移転費(雇保法58条)は、受給資格者等(離職後、ハローワークに出頭して基本手当等の受給資格を得た人)が、待期期間経過後、ハローワーク・民間職業紹介機関等の紹介を受けて転職・引っ越しを行い、ハローワーク所長がその必要性を認めた場合に支給されます。…

回答の続きはこちら
NEW2018.10.11

どの従業員と比較する? 同一労働同一賃金の判断

ジャンル:
  • パートタイム労働法
Q

 政府(働き方改革実現会議)の「同一労働同一賃金ガイドライン(案)」をみると、「無期雇用フルタイム労働者」と「有期雇用労働者・パートタイム労働者」を比較して、格差に合理性があるか否かを判断しています。当社は小売業で、小規模店も含め多数の店舗を抱えていますが、この比較対象となるのは「同じ店舗で働く従業員同士」という理解で良いのでしょうか。【東京・K社】

A

「事業主」が同じ者比較 フルタイム有期雇用者も

 働き方改革関連法が成立し、同一労働同一賃金に関係する部分は、平成32年4月1日の施行(一部は、中小企業を対象に1年の適用猶予)が予定されています。

 政府が昨年12月に公表した「ガイドライン案」については、必要な修正を加えたうえで、パート・有期雇用労働法(後述)の指針として示される予定です。現在、厚生労働省の労働政策審議会では、「たたき台」を提示して、議論を行っています。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ