人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。電子版にログインのうえご相談フォームからご利用ください。

NEW2020.06.05 【労働保険徴収法】

追加し保険料徴収? 副業先で労災あると 給付は賃金合算方式だが

ジャンル:
  • 兼業
  • 副業
Q

 労災法の改正により、複数就業者に対する補償が手厚くなるようです。副業・兼業は本人の判断に任せますが、基本的には、当社就業が「主」、他社就業が「従(副業)」となります。副業先で事故が発生しても、改正法の施行後は、当社賃金も含め保険給付の金額が決定されるということです。この場合、当社に追加の保険料負担は発生しないという理解で良いのでしょうか。【大阪・K社】

A

全業種に対し一律上乗せ

 複数就業者の事業場間移動中の事故については、平成18年改正により通勤災害として補償の対象に加えられました。しかし、保険給付の額は「移動先の事業場」の賃金に基づき計算する規定となっていました。

 しかし、令和2年3月31日公布の改正法により、「公布から6カ月以内の政令で定める日」から、複数就業者に対する補償が拡充されます。…

回答の続きはこちら
NEW2020.06.04 【労働基準法】

感染症からの職場復帰に証明書は

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 感染症からの職場復帰を認める際ですが、「証明書」の提出を求めていいものでしょうか。

A

 感染症法18条に規定する就業制限の解除に関する取扱い(令2・5・1事務連絡)では、自宅療養の開始から14日経過したことなどの要件を満たせば、職場等に証明書を提出する必要はないとしています。厚労省の…

回答の続きはこちら
NEW2020.06.02 【厚生年金保険法】

4回目に該当する? 特別ボーナスを検討中

ジャンル:
  • 賞与
Q

 当社は、年3回ボーナスを支給しています。突然の繁忙でも懸命に働いてくれた従業員に報いたく、1回限りですが、特別ボーナスを検討中です。厚年法では、賞与を4回以上支給した場合に報酬として扱うとしていますが、保険料等にどう影響しますか。【茨城・T社】

A

明らかに今年限りなら賞与

 厚年法では、労働の対償として3カ月を超える期間ごとに受けるものを賞与としています(法3条)。ただし、原則、年4回以上受けるものは報酬扱いです(昭36・1・26保発5号)。

 一方、当該年に限り支給されたことが明らかな賞与については、支給回数に算入しないとしています(昭53・6・20保発47号)。…

回答の続きはこちら
NEW2020.06.01 【安全管理】

無傷の事故多発し対策は 物につまずいて転倒

ジャンル:
  • 不安全行動
Q

 当社では、物につまずいて転んだり、重い物を落としたなど、幸いケガにならなかった無傷事故が多発しています。これをなんとかしたいと考えています。どんなことをしたら良いでしょうか。【神奈川・O社】

A

「声かけ」が動機付けに 目に見える形で注意喚起

 無傷事故の陰には災害が潜んでいます。災害原因の96%は人の不安全行動に起因します。これは、不安全行動をなくせば、災害を防げることを意味しています。

 不安全行動を改めるには、安全意識を高めることが大切です。安全意識を高めるには、これをやれば良いというものはありません。あらゆる機会に、…

回答の続きはこちら
NEW2020.06.01 【雇用保険法】

20時間未満で喪失か 臨時的な短縮措置

ジャンル:
Q

 臨時的に輪番休業することになり、週の所定労働時間が20時間を下回りそうな従業員がいます。雇用保険の被保険者資格はできれば継続させたいのですが、適用除外の状態でいつまで加入できるのでしょうか。【岡山・K社】

A

概ね6カ月は継続扱い

 週の所定労働時間が20時間未満の者(日雇労働被保険者を除く)は、雇用保険の適用が除外されます(雇保法6条1号)。労働条件の変更等により、20時間未満となった場合、当該事実のあった日において被保険者資格を喪失します。ただし、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ