人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

失業時の基本手当と再採用の約束

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 パート・アルバイト等に対し、離職後の「再採用」を約束して、基本手当の受給を勧めたとして、どのような問題があるのでしょうか。

A

 ハローワークは、求職申込み前の契約等に基づき求職申込み後にも就労する予定がある者については、受給資格の決定の際に就職状態にない場合であっても、労働の意思および能力を慎重に確認しなければ受給資格の決定は行えない(雇用保険業務取扱要領)としています。就職状態ですが… 回答の続きはこちら

児童労働等はどう規制 国際基準との関係

ジャンル:
  • 就労制限
  • 労働基準法
  • 女性及び年少者関係
Q

 「児童労働」が世界的な問題になっていますが、日本の労働法ではどのように対応しているでしょうか。【沖縄・H社労士】

A

ILO条約に準じ年齢制限

 児童労働の撤廃に向けては国際労働機関(ILO)が定めた条約があります。また、児童労働による生産品の購入を拒絶し、啓蒙活動等を行うNGOも存在します。

 「最低年齢条約(ILO第138号)」では労働が許容される最低年齢を「義務教育修了年齢後で原則15歳」とし、危険有害業務については18歳未満の労働を禁止しています。…

回答の続きはこちら

固定残業いつ明示か 採用時の通知事項増える? 必要な記載内容も知りたい

ジャンル:
  • 労働条件
  • 職業安定法
  • 求人
  • 固定残業代
Q

 固定残業代制を採る会社では、採用時に「関連情報を明示する」義務ができると聞きました。割増賃金に関するトラブルが増えている昨今、会社としても前向きに対処する方針です。具体的には、労働条件通知書の記載事項が増えるのでしょうか。どの程度の内容を明示する必要がありますか。【愛知・K社】

A

求人条件として明らかに

 従業員を募集・採用する際、労働条件に関する情報は2段階に分けて示されます。第1は不特定多数を対象とする求人情報の発信(職安法5条の3)、第2は特定の採用者を対象とする労働条件の明示です(労基法15条)。

 今回の改正は職安法に絡むもので、労基法の労働条件通知は直接的に関係してきません。…

回答の続きはこちら

社外セクハラ対応は? 忘年会や二次会で被害

ジャンル:
  • 飲み会
  • 雇用機会均等法
  • セクハラ
  • ハラスメント
Q

 セクハラの対象となる「職場」ですが、社外はどこまで範囲が及ぶのでしょうか。これから年末にかけて忘年会などを予定しています。二次会など会社として把握しきれないこともあり心配です。【東京・W社】

A

広く相談の対象に含む

 セクハラ指針(平18・10・11厚労省告示615号)では、職場について、通常就業している場所以外の場所であっても、たとえば、取引先の事務所、取引先と打合せをするための飲食店等でも、業務を遂行する場所であれば該当するとしています。…

回答の続きはこちら

無期転換権の発生時期

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

来年4月から無期転換権が生じるといいます。平成25年4月に採用した有期雇用者がいます。当初6カ月間の契約でしたが、以後1年契約を反復更新している形です。平成30年4月1日から申込権が発生するのでしょうか。

A

労働契約法18条では、2以上の有期労働契約を通算した期間が、5年を超える労働者に対して、「期間の定めのない労働契約の締結」を申し込む権利が生じるとしています。これが無期転換権です。現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、転換を申し込むことが… 回答の続きはこちら

ページトップ