労災保険法

2021.11.10 【労災保険法】

過労死認定の改正教えて 脳・心臓疾患発症したら

キーワード:
  • 労災認定
Q

 脳・心臓疾患の労災認定基準が改正された模様ですが、主な改正点について教えてください。【長野・F社】

A

時間以外も考慮明確に ハラスメントを評価

 脳・心臓疾患の労災認定基準については、令和3年9月14日付けで認定基準が改正されました(「血管病変等を著しく増悪させる業務による脳血管疾患及び虚血性心疾患等の認定基準について」(基発0914第1号)。

 新たな認定基準では、時間外労働時間数がいわゆる「過労死ライン」に達していなくても、不規則勤務や身体的負荷などの労働時間以外の負荷を柔軟に判断することとされています。

1 20年ぶりの改正に向けた専門検討会報告書と認定基準改正

 脳・心臓疾患の労災認定基準については、改正から約20年が経過する中で、働き方の多様化や職場環境の変化が生じていることから…

回答の続きはこちら
2021.11.08 【労災保険法】

パワハラの評価は? 過労死認定で新基準

キーワード:
  • パワハラ
Q

 過労死認定の基準が改正され、パワーハラスメントなどが規定化されたといいますが、そもそもこれまで考慮されていなかったのでしょうか。発症時期と認定基準の適用の関係はどう考えれば良いのでしょうか。【広島・A社】

A

「発症に近接」要件なくなる

 改正点の1つに、「心理的負荷を伴う具体的出来事」の明確化があります。パワハラなどがはっきりと規定されました。

 施行は、令和3年9月15日からです(令3・9・14基発0914第1号)。厚生労働省はパブリックコメントの中で「行政処分が行われた当時に適用されている認定基準により判断することが適当」としています。施行日に調査中の事案等は、…

回答の続きはこちら
2021.10.27 【労災保険法】

自転車配達の事故補償は 特別加入制度教えて

キーワード:
  • 特別加入
Q

 自転車を使った配達業が盛んですが、配達の人たちは発注者と雇用関係にないため、事故が起きた場合に労災が適用されないと聞きました。バイク、原付、軽貨物車両登録の場合は労災の特別加入制度が利用できるようです。自転車の配達員はかなりの数に上っているようですが、救済制度は検討されないのでしょうか。【千葉・T社】

A

9月1日から対象者拡大 運転や積卸し中にケガ

 労災保険は、労働者の業務や通勤による災害に保険給付を行うことを基本とする制度ですが、労働者以外であっても、労働者と同じ程度に保護することが必要な一定の人たちにも特別に労災保険に任意で加入することを認めています。すなわち「特別加入制度」です。また、従業員を雇用していない場合は、一人親方の労災保険に特別加入することも可能です。

 この度、厚生労働省は、令和3年9月1日を施行日として、「自転車を使用して行う貨物の運送の事業」「情報処理システムの設計等の情報処理に係る作業(ITエンジニア)」を行う労働者以外の者について、労災保険の特別加入制度の対象範囲とするとしました。飲食宅配に携わる自転車配達員は国内に約9万人、ITエンジニアは約17万6000人いると推計され、今後の就業上の安心につながるものと期待されています。一方、加入が任意であることから、働き手が自ら保険料を負担するため、利用が広がらないことも懸念されています。

 特別加入では、働き手があらかじめ3500円から2万5000円の範囲で「給付基礎日額」を設定し、保険料はこれに乗じる保険率で決まる制度となっています。保険率は仕事の危険度により、宅配代行業は1000分の12、ITエンジニアは1000分の3とされています。

 詳細をみてみましょう。…

回答の続きはこちら
2021.10.11 【労災保険法】

特別加入遡及できるか 65歳以上など範囲拡大

キーワード:
  • 特別加入
Q

 フリーランスと契約する場合の労災補償ですが、最近は特別加入の範囲が拡大しているといいます。IT関係や65歳以上の創業支援等措置などが対象になりましたが、契約期間中に発生した事故であれば、遡って加入することは可能でしょうか。【愛知・N社】

A

届出前の事故は給付対象外

 創業支援等措置は、65~70歳までの就業確保措置のうち、業務委託契約の締結など雇用によらない措置を指します。

 特別加入団体を通じて加入手続きをすることで、特別加入者は労働者とみなされ、…

回答の続きはこちら
2021.10.01 【労災保険法】

責任果たすためすべきことは 過労死防止図る上で 兼業者に対する残業命令

キーワード:
  • 副業・兼業
  • 残業
Q

 政府が副業推進に向け旗振り役を務めるなか、当社も兼業を届出制に改めました。現場の管理者のなかには、「ダブルワーカーに対して、残業命令を出しにくくなった」とこぼす人もいます。しかし、業務繁忙期に、兼業者だけ早帰りさせると、不公平感を生みます。会社として、過労死等の責任を回避するために、労務管理上、どのような点に注意すべきでしょうか。【茨城・F社】

A

自己管理行うよう指示を

 ダブルワーカーの労働時間管理に関しては、令和2年9月改定の「副業・兼業ガイドライン」の中で「簡便な管理モデル」が紹介されています。

 本業の法定外労働時間と副業の労働時間(所定労働時間+所定外労働時間)について、両者の合計が時間外上限規制(単月100時間未満、複数月80時間以内)を超えない範囲内で上限を設定します。本・副業の事業場は、この上限の範囲内であれば、他事業場での時間外労働の多寡に関係なく、残業を命じることができるというものです。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ


ご利用いただけません。