労災保険法

NEW2021.04.16 【労災保険法】

特別加入手続きは? 65歳以上の高齢者 創業支援等措置で追加

キーワード:
  • 特別加入
  • 高齢者雇用
Q

 労災保険の特別加入の対象として、「65歳以上の高齢者」が追加されたようです。令和3年4月1日から、改正高年法により、「70歳までの就業確保措置」が努力義務化されましたが、当社としては、当面、継続雇用制度の整備で対応し、将来的に、創業支援等の措置も講じていきたいと考えています。高齢者が特別加入を希望するとき、会社はどのような手続きを採るのでしょうか。【大阪・R社】

A

情報提供など便宜図る

 特別加入には、中小事業主、一人親方・特定作業従事者、海外派遣者の3種類があります。一人親方等については、対象となる事業の範囲を労災則で定めています(46条の17、46条の18)。

 令和3年4月1日からその対象範囲が拡大されることとなり、「①柔道整復師」、「②芸能従事者」、「③アニメーション制作従事者」(以上、令和3年1月26日付官報)、「④創業支援等措置に基づき事業を行う高年齢者」(同2月26日付官報)が追加されました。

 ④は、同じく令和3年4月1日から施行されている改正高年法と関係があります。同法で定める就業確保措置は65歳以上70歳未満の高齢者を対象としますが、大きく「雇用によるタイプ」と「創業支援タイプ」に分けられます。さらに、後者の支援方式にも、次の2種類があります。…

回答の続きはこちら
2021.03.29 【労災保険法】

腰痛の業務性どう決まる 災害型と疲労蓄積型で

キーワード:
  • 労災認定
  • 腰痛
Q

 運送作業において従業員が2人で荷を持ち上げようとしたところ、テンポが合わずに一人が無理な体勢になって持ちこたえたため、腰に急激な痛みを訴えました。「急性腰痛症」との診断だったのですが、作業中の動作に起因する腰痛と日常的な荷物運搬作業の積み重ねによる腰痛について、労災補償の対象となる判断を教えてください。【東京・T社】

A

「重さ」や「時間」カギ 既往症あると判断困難

 腰痛は多数の原因または条件が競合して発症します。例えば、加齢、肥満、運動不足、偏った姿勢などの日常生活全般も原因の1つになりますし、仕事上での重量取扱い作業や、腰部に過度の負担がかかった場合なども腰痛の原因になります。発症した腰痛が業務上疾病に当たるか否かは、「認定基準」に示された一定の要件を満たしているかどうかで判断されます(昭51・10・16基発750号)。

1 「業務上疾病の範囲」と「認定基準」

 労基法75条2項において、業務上の疾病を厚生労働省で定めることとされていて、この規定に基づいて労基則別表第1の2の規定およびこれに基づく告示が定められ、その範囲を明確にしています。

2 「腰痛において認定基準に示された一定要件」

 腰痛は、「災害性の原因による腰痛」と「災害性の原因によらない腰痛」の2つに分類して、それぞれ労災認定されるための要件を示しています。

(1)災害性の原因による腰痛

 業務遂行中に生じた負傷(転倒・転落等による腰部の負傷)に伴って発症した腰痛や、業務遂行中に…

回答の続きはこちら
2021.03.29 【労災保険法】

事業主いくら負担? 未手続きで重大事故

キーワード:
  • 費用徴収
Q

 業務上災害が発生したときの企業のリスクを考えていて、労災保険では「事業主からの費用徴収」という仕組みがあることを知りました。たとえば、保険関係成立届を提出しないまま、死亡事故などを起こしてしまうと、徴収額が積み重なっていくのでしょうか。【静岡・O社】

A

保険給付の4割上限に

 条文から確認していきましょう。事業主の費用徴収に関する条文は、労災法31条1項にあります。3パターンあり、1号が保険関係成立届を提出していなかった未手続期間中の事故、2号が保険料滞納期間中の事故、そして3号が事業主の故意または重大な過失による事故です。

 未手続き(1号)のときの…

回答の続きはこちら
2021.03.15 【労災保険法】

異なる経路で通災? ケガに健康保険使うか

キーワード:
  • 通勤災害
Q

 最寄り駅まで自転車で行く途中にケガをした従業員がいます。会社にはバスの利用を申し出ていました。通勤災害に労災保険は使えず健康保険で処理することになるのでしょうか。【神奈川・K社】

A

合理的ルート複数あり得る

 通勤とは、労働者が、住居から就業場所等への移動を、合理的な経路および方法により行うことをいい、業務の性質を有するものは除く(労災法7条2項)とあります。会社に届け出ているような、…

回答の続きはこちら
2021.03.10 【労災保険法】

保険証を誤って使ったら 業務上災害のおそれ

キーワード:
  • 業務上災害
Q

 業務上災害に当たるおそれのある負傷をした従業員が、軽傷だったためか、健康保険証を医療機関に提示し受診してしまいました。どのように対応させればよろしいでしょうか。また、当社としてはどのような対応が必要でしょうか。【滋賀・S社】

A

早期なら病院で切替も 設定後は保険者等で調整

 一般労働者は、自身の加入している保険の種類や給付内容について正確に理解していないものです。特に労災保険による治療と健康保険による治療など、医療機関もほとんど変わらないことから、しばしば誤解を生ずることも多いようです。ご質問が多い、労災保険で給付を受けるべきケースで、健康保険の給付を受けてしまった場合(健康保険証を提示して健康保険の療養の給付を受けた場合)について解説します。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ