交通事故処理

NEW2021.01.18 【交通事故処理】

大事故を免れ損害額は? たまたま回避できただけ

キーワード:
Q

 施設の駐車場を歩いていたときに、駐車しようとした車がぶつかってきました。間一髪で逃げましたが、転んで右足首を捻挫しました。70日間の通院治療後完治しました。相手の保険会社の慰謝料提示額は43万円ですが、施設の建物は総ガラス張りで、車と建物の間にはさまれていたら命を落としかねない事故でした。100万円以上は請求したいのですが――。【群馬・T生】

A

ケガの程度に応じて決定 過失割合を考慮するか

 間一髪で命を落としかねない事故であろうが、相手や相手の保険会社が補償するのは、相談者が実際に受けたケガ(傷害)に対してです。相談者は70日間の通院治療で後遺障害は残らず完治したとのことです。したがって、その70日間の通院治療期間に対して治療費や交通費、休業損害などが支払われるわけであり、…

回答の続きはこちら
2020.12.31 【交通事故処理】

入院付添で損害賠償は? 子を見舞うために退職

キーワード:
Q

 女子大生(20歳)が、横断歩道を横断中にY運転の乗用車にはねられて脊髄を損傷し、随意運動が全くできなくなるという障害を負いました。看護師をしていた母親は、10カ月にわたる入院期間中、毎日、付添をしていたため、勤務先を退職せざるを得なかったといいます。被害者は加害者に対し、入院期間中の付添監護費用相当額としてどの程度の損害賠償を求めることができるでしょうか。【京都・K子】

A

1日1万円弱へ上乗せも 障害やリハビリ理由なら

 入院中の受傷者の介護・介助をするために近親者が付添をした場合、職業的な付添人を雇った場合と異なり、現実的な費用の支出はありませんが、それは親族間の恩情に基づき費用を請求していないからであり、そのような恩情の結果を加害者に及ぼして加害者が付添看護によって被害者側に発生した損害の賠償を免れるのは公平に反します。そこで、現在の裁判実務では、被害者の近親者によって…

回答の続きはこちら
2020.11.30 【交通事故処理】

自転車走行のルールは? 歩道の「右」か「左」か

キーワード:
Q

 先日、自転車で歩道を走行中に、同じく歩道を走行してきた対向自転車と衝突事故を起こしてしまいました。事故の際、私は、自分から見て道路右側の歩道を走行していました。事故の相手方は、「自転車も車であり、左側を走行しなければならないのに、あなたは右側を走行していた。その時点で、今回の事故の責任はすべてあなたにある」と主張しています。私は、相手方の言うとおり、今回の事故の責任を全て負うことになるのでしょうか。【千葉・T生】

A

自動車と異なり両側可能 車通り寄りを徐行すべき

 自身から見て右側の歩道を走行していたとしても、それ自体がルール違反となることはありません。

 まず、原則として、自転車は車道を通行しなければなりません(道路交通法2条1項8号、同項11号、同法17条1項)そして、その場合には車道の左側を通行しなければなりません(同法17条第4項)。しかし、…

回答の続きはこちら
2020.11.13 【交通事故処理】

補償を上乗せするには? 自転車事故で週1通院中

キーワード:
Q

 自転車で走行中、自動車に接触され手足にケガをしました。これまで1週間に1度、整形外科に数回通院していますが、レントゲンでは異常はありません。この交通事故で少しでも多く「主婦休業補償」や「通院慰謝料」などをもらいたいのですが、「医師や保険会社担当者との付き合い方」「治療費支払い打切りの対処法」等を教えてください。【新潟・B社】

A

請求する根拠確認して 主治医との連携を

 交通事故においては、「少しでも多くの損害賠償額をもらう」というのではなく、その事故に対して「正当な損害賠償額を求める」と考えたほうが、妥当な結果になります。

 加害者・損害保険会社が提示した各項目の損害賠償額に対し、

「もう少し増やしてほしい」と単純に金額の増加だけを求めていると、相手側は最初にかなり低額な賠償額を提示し、被害者の要求に応じて賠償額を少しずつ増やしていく、というやり方を採ると考えられます。加害者側が少額の増加を何度か繰り返した末に、「これが最終回答です」といわれると、それまでの経過から被害者は示談に応じる心情になりがちです。しかし、これが正当な賠償額と一致することは多くはありません。

 一方、被害者側が…

回答の続きはこちら
2020.10.30 【交通事故処理】

青信号同士で事故発生!? ドライブレコーダーなし

キーワード:
Q

 私は、自動車を運転中、信号機のある交差点で信号待ちをし、対面信号が青に変わったので交差点に進入したところ、左側から赤信号を無視して交差点に進入してきた自動車に衝突されました。相手車両の運転手は、自分の対面信号は青だった、私が赤信号を無視して交差点に進入したと主張しています。ドライブレコーダーはなく、目撃者もいません。お互いの言い分が対立したまま平行線をたどっています。何かよい調査方法はないのでしょうか。【滋賀・T生】

A

「信号サイクル表」が有用 警察へ情報公開請求を

 ドライブレコーダーや目撃者の証言が得られない事故は、対面信号の立証が難しい事案といえますが、「信号サイクル表」が立証に役立つ可能性があります。

 「信号サイクル」とは信号灯が青→黄(青点滅)→赤と一巡することをいい、「信号サイクル表」は、当該交差点の各信号機の信号灯が、何秒間で切り替り、どのように連動しているかを図示したものです。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ