交通事故処理

2021.07.15 【交通事故処理】

同乗を理由に賠償減額!? 運転していたのは同僚

キーワード:
Q

 勤務が終わり自宅に帰るとき、同僚が運転する車に同乗し自損事故で受傷しました。全治4カ月のケガで後遺障害はありませんでしたが、運転していた同僚の損害保険会社の損害賠償額提示では「好意同乗減額」として20%減額されていました。私には何の過失もありませんが、これはどういうことですか。納得がいきません。【佐賀・Y生】

A

事故の責任あるかで判断 共同運行型だと不利益も

 「好意同乗」とは「無償同乗」ともいい、「運転者が好意的に無償で他人を自動車に同乗させること」です。その好意同乗のときに自損事故で受傷した場合、被害を受けた同乗者は乗せてもらった運転者に損害賠償請求ができるでしょうか。自動車損害賠償保障法(自賠法)3条では「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって…

回答の続きはこちら
2021.07.01 【交通事故処理】

墓や仏壇の費用求めたい 死亡事故による損害

キーワード:
Q

 私(父)の子が、痛ましい交通事故に遭い命を落としてしまいました。私が喪主となり葬儀を執り行いましたが、葬儀費用に加えて墓碑の建立や仏壇の購入が必要となりました。これらの費用は、葬儀費用とは別に加害者から賠償してもらえるのでしょうか。【佐賀・T生】

A

葬儀費用とは別で請求可 賠償範囲を限定 最高裁

 民法709条は、「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」と定めています。

 しかし、侵害行為がなければ生じなかったであろうあらゆる損害をすべからく賠償させることは公平の観念に反することから、賠償すべき損害は、侵害行為と相当因果関係が認められる範囲に限られると解されています。…

回答の続きはこちら
2021.06.15 【交通事故処理】

接触事故の慰謝料出るか ケガ軽く治療は数日のみ

キーワード:
Q

 歩行中に自動車と接触してケガをしました。ケガといっても通院回数が2回で完治した軽微な交通事故です。事故の状況については、私が横断歩道ではない道路を急いで渡っているときに車がぶつかったケースですが、こうした軽いケガでしかも私にも過失があるとき、慰謝料はもらえるのでしょうか。【埼玉・S生】

A

自賠責は原則減額なし 1日当たりで額算出

 交通事故でケガをさせられた場合、2回の通院の軽いケガでも慰謝料の対象になり請求できます。相手の自動車は自賠責保険に入っているのが一般ですが、この程度のケガなら任意保険は使用されず自賠責保険の支払いで解決します。

 自賠責保険は傷害事故の場合、被害者に7割以上の過失がないかぎり保険金額が減額されることはありません。この事故のケースでは道路の横断歩道ではない場所を急いで渡っていたことなど、相談者に一定の過失がありますが、自動車にも前方不注意等の過失があります。損害賠償を受ける側の相談者の過失割合が7割以上ということはありえませんから、減額されることなく全額が支払われます。…

回答の続きはこちら
2021.05.31 【交通事故処理】

加害者の損害賠償減額? 遺族に死亡保険金出る

キーワード:
Q

 私の過失により交通事故を起こし、出勤途上の被害者を死亡させてしまいました。遺族から損害賠償請求をされていますが、遺族はこの事故により、①生命保険金、②自賠責保険金、③労災保険金などの支払いを受けています。これらの支払いは、損害賠償請求に考慮されないのでしょうか。【和歌山・T生】

A

「損益相殺」は給付次第 通災なら国に一部支払う

 交通事故などの不法行為の被害者が同一の不法行為を原因として何らかの支払いを受けた場合、被害者の損害賠償請求に際して同支払額分が減額される場合と、減額されない場合があり、次のように類型化して説明されています。

 第1は、…

回答の続きはこちら
2021.05.14 【交通事故処理】

無保険の車でどう対応? 自賠責が有効期限切れ

キーワード:
Q

 高齢の兄が自転車事故で死亡しました。相手は乗用車ですが自賠責保険の有効期限が切れた無保険車でした。しかし、任意保険には入っておりその補償が受けられると思っていたところ、兄の家族は、任意保険の担当者から無保険車の事故だから政府の保障事業に請求するようにいわれたとのことです。どう対処すればいいでしょうか。【岐阜・T生】

A

補償ない場合に国が給付 過失相殺など条件厳しく

 交通事故に遭った場合、その損害は加害者の自賠責保険や任意保険で賠償してもらうのが一般の交通事故の解決方法です。しかし、加害者の車が無保険車であったり、盗難車で自賠責が使えなかったり、あるいはひき逃げで加害者が分からなかったケースなど、被害者が損害の補償をまったく受けられないことがあります。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ