職業安定法

2020.07.27 【職業安定法】

「片道出向」はダメ? 65歳までの継続雇用

ジャンル:
  • 継続雇用制度
Q

 当社では、定年後の継続雇用制度において、グループ・関連会社への出向させる形を検討しています。65歳までの「片道出向」を命じることも可能なのでしょうか。【京都・M社】

A

雇用機会確保する目的あり

 在籍型出向の形態は、出向元との間に雇用契約関係がある労働者を、他人の指揮命令を受け労働に従事させる形になります。これは、形としては労働者供給(職安法4条6項)に該当し、その在籍型出向が「業として行われる」ことにより、職安法44条で禁止される労働者供給事業に該当するようなケースが生ずることもあるので、注意が必要です。…

回答の続きはこちら
2020.03.23 【職業安定法】

入社日繰下げは? 新卒者を対象に

ジャンル:
  • 新型コロナウイルス
Q

 新型コロナウイルスの影響で、業務量が減少傾向です。4月に入る新卒者の入社日を1、2カ月程度ずらせないか検討中ですが、どういった手続きが必要ですか。【千葉・K社】

A

ハローワークへ通知が必要

 入社前における採用の内定は、いわゆる始期付きの労働契約が成立した状態と解されています(最二小判昭54・7・20)。内定が成立すれば、会社が一方的に入社日を変えることはできず、内定者の同意を要することになるでしょう。

 労働者の募集採用には職安法が関係しますが、…

回答の続きはこちら
2020.03.02 【職業安定法】

試用期間の明示は? 場合によって延長も

ジャンル:
  • 試用期間
Q

 当社は試用期間を3カ月に設定していますが、期間内に適性を判断しきれない場合も出てきました。延長も含めて期間を検討しようと思い、改めて労働条件通知書を確認してみたところ、試用期間の欄がありません。就業規則等にあれば問題ないでしょうか。【東京・N社】

A

募集求人時に必要あり

 労働条件の明示に関して、労働契約の期間に関する事項等が義務付けられています(労基法15条、労基則5条)。ただし、試用期間に関しては特に規定していません。したがって、就業規則において、試用期間をたとえば3カ月などとして、場合によっては延長する旨定めておけば有効ということになります。

 一方、…

回答の続きはこちら
2019.09.24 【職業安定法】

どの法律に違反する? サイトが個人情報提供

ジャンル:
  • 個人情報
Q

 就職情報サイトの会社がデータを販売して問題になりましたが、どのような法律に違反するのでしょうか【埼玉・M社】

A

複数の法律を重畳的に適用

 今年8月、就職情報サイトを運営する会社が、就活生のスマートフォン等の閲覧履歴等を分析し、どの程度内定の辞退者が出るかを予測するいわゆる「内定辞退率」のデータを企業に提供していたことで行政指導を受けました。個人が特定できるにもかかわらず、取得等に当たり個人の了承を適切に得ていなかったため、…

回答の続きはこちら
2019.05.27 【職業安定法】

募集要項に賃金必要か 「経験や年齢考慮」と記載

ジャンル:
  • 労働条件
Q

 当社ホームページにある中途採用者の募集要項には、賃金は「経験や年齢等を考慮して決定」としています。その他、年収モデルを例示しています。募集要項で、賃金額を明らかにすべきでしょうか。【山形・T社】

A

面接時などの明示可能

 労働者の募集を行う者等は、募集に際して労働条件を明示し、当初の条件を変更する場合はあらためて明示が必要です(職安法5条3項)。

 原則として、募集に応じて…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ