厚生年金保険法

NEW2021.10.13 【厚生年金保険法】

退職金で生計維持要件は 遺族年金の手続き

キーワード:
  • 定年
  • 退職金
  • 遺族厚生年金
Q

 当社管理職(女性)のご主人がお亡くなりになり、遺族年金の手続きをします。前年の年収からいえば、生計維持要件をギリギリで満たすと思われます。ただし、心配なのが、今年、定年に到達し、退職金を受け取る予定となっている点です。後から調査等により、問題になったりしないでしょうか。【東京・K社】

A

収入に「一時所得」含まず 定年後下回るなら加入可

 厚生年金の被保険者等が死亡した場合、遺族に遺族厚生年金が支給されます(厚年法58条)。

 ご主人が、保険料納付要件等を満たしているとして話を進めます。遺族厚生年金の対象となる遺族の第1順位として、配偶者と子が挙げられています。配偶者には年齢要件がありませんが、子については、…

回答の続きはこちら
2021.09.29 【厚生年金保険法】

基礎年金減る以外に損は 繰り上げて就労したとき

キーワード:
  • 老齢基礎年金
  • 遺族厚生年金
  • 障害基礎年金
Q

 働きながら、老齢基礎年金を繰上げ受給するという記事を読みました(令3年8月15日付本誌2384号56ページ)。併給が可能ということですが、パートさん等から質問があった場合、得失について、どのように説明すればよいでしょうか。金額が減るというほかに、デメリットはないのでしょうか。【北海道・D社】

A

夫の遺族年金併給できず 障害基礎は受給権なし

 年金の受給権を複数得た場合、基本的には選択となります。しかし、老齢基礎年金の繰上げ受給については「取り返しがつかない」ケースもあります。特に女性は不利益が大きい場合があるので、注意が求められます。

 よく聞く話が、遺族年金に関する問題です。老齢基礎年金と遺族厚生年金は、年金の支給事由が異なるので、併給調整の問題が生じます。国年法の本則(20条)では、…

回答の続きはこちら
2021.09.28 【厚生年金保険法】

転職でも従前月額? 3歳未満養育の特例措置

キーワード:
  • 標準報酬月額
Q

 新たにフルタイムの労働者を雇います。現在、2歳になる子がいるといいます。子が生まれる前から続けていた前職は半年前に退職したそうです。前職では養育開始後に賃金が下がったとはいえ、それでも当社より高かったと聞きます。転職しても標準報酬月額の特例措置は受けられますか。【香川・T社】

A

再び申出書を提出し手続き

 3歳未満の子を養育する期間に標準報酬月額が養育開始前より下がった月があったとしても、年金支給額の算定時には、その各月につき、養育開始前の従前標準報酬月額をベースに計算する特例措置があります(厚年法26条)。対象期間は、…

回答の続きはこちら
2021.09.13 【厚生年金保険法】

役員報酬カットで年金は 在老全額ストップの状態

キーワード:
  • 在職老齢年金
  • 高年齢雇用継続給付
Q

 当社の役員ですが、報酬額等の関係で、これまで在職老齢年金(60歳代前半)が全額ストップとなっていました。ところが、病気で入院し、しばらく出社できない状況が続く見込みです。仮に役員報酬を減額させた場合、年金の支給停止が解けるのでしょうか。【茨城・Y社】

A

報酬月額改定後に支給へ 雇用継続給付も調整あり

 役員報酬は事業年度単位で決まり、原則として固定ですが、病気で職務遂行できない場合等には、減額が認められるケースもあるようです。

 在職老齢年金の仕組みが適用されるのは、「受給権者が厚生年金の被保険者である日が属する月」です(厚年法附則11条)。

 在職老齢年金で支給停止額を決めるファクターは、次の2種類です。…

回答の続きはこちら
2021.08.30 【厚生年金保険法】

外国人は任意加入必要か 長期在留や移住を想定

キーワード:
  • 外国人雇用
  • 脱退一時金
Q

 短期在留の外国人については、脱退一時金の拡充が図られたと聞きます。一方で、長期在留あるいは日本移住を望む外国人は、どのような扱いになっているのでしょうか。来日時点の年齢が高いと、10年の資格期間を満たさない可能性もありますが、任意加入する必要がありますか。【兵庫・I社】

A

永住許可得るかで異なる 厚年加入なら引続き2号

 年金の給付事由には、大きく老齢、障害、死亡の3種類があります。このうち、「老齢」については、保険料の未払等がなくても、資格期間を満たさないという理由で給付を受けられないケースがあり得ます。

 老齢基礎・厚生年金は、基本的に「資格期間(国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間および合算期間)が10年以上の者が、60歳に達したとき」に支給されます(国年法26条、厚年法42条等)。来日した外国人や外国に居住する日本人については、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ


ご利用いただけません。