雇用保険法

NEW2022.06.21 【雇用保険法】

原則どおり算定か? 時短で賃金低下期間あり

キーワード:
  • 短時間勤務
  • 賃金
Q

 配偶者が転勤を命じられて引っ越すことから、このたび退職することになった従業員がいます。ただ、2カ月ほど前までの数カ月間、親の介護のために短時間勤務制度を使用し、賃金が低下した期間があります。基本手当も、この低下した額で計算されることになるのでしょうか。【大阪・R社】

A

離職理由により特例措置適用も

 基本手当の計算に用いる賃金日額は、原則、被保険者期間の最後の6カ月間の賃金総額を180で割って求めます(雇保法17条1項)。ただし、育児・介護のための休業や労働時間の短縮措置の利用で最後の6カ月間に賃金が喪失したり低下したりした時期があり、かつ離職理由により特定受給資格者または特定理由離職者に該当するときについては、特例が設けられています(同条3項、昭50・3・28労働省告示8号)。

 この場合、…

回答の続きはこちら
2022.06.13 【雇用保険法】

休職満了後に再就職!? 傷病手当金を受給中で

キーワード:
  • 傷病手当金
  • 基本手当
Q

 休職期間満了により、退職する従業員がいます。本人は傷病手当金を受給しているものの、簡単な仕事なら見つかるかもしれないといいます。病気で休んでいた以上、基本手当を受給するのは難しそうですが、どのように考えれば良いのでしょうか。【兵庫・R社】

A

能力有さないという判断も

 失業して基本手当を受給するためには、労働の意思および能力を有することが前提です(雇保法4条3項)。労働の意思とは、就職しようとする積極的な意思をいいます。意思はあっても能力の問題があります。ハローワークは、「体力、知力、技能、経歴、生活環境等を総合してその有無を判断」します(雇用保険業務取扱要領)。

 「労災法の休業補償給付その他これに相当する給付」の支給を受けている者は、…

回答の続きはこちら
2022.06.02 【雇用保険法】

雇用保険の短期加入のメリットは?

キーワード:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 当社で短期間の雇用見込みで採用した従業員と、雇用保険に加入するメリットの話しになりました。失業したときの基本手当の要件は満たさないとなると、これといったものは思い浮かびませんでした。教育訓練給付など何かあるのでしょうか。

A

 雇用保険の給付をみると、失業したときの基本手当に限らず、育児・介護休業給付金など一定の被保険者期間を要件とするものがたくさんあります。一般教育訓練給付金に関しても、在職者に関しては…

回答の続きはこちら
2022.05.31 【雇用保険法】

10日より短くなるか 支給単位期間が1月未満

キーワード:
  • 育児休業
Q

 あと3週間ほどで育児休業から復職する従業員がいますが、その人でないと技術的に対応できないトラブルが発生したため、臨時的就労を頼む予定です。1カ月に満たない最後の支給単位期間に入っていますが、就労の10日、80時間以下の基準は、支給単位期間の日数の影響を受けるのでしょうか。【鹿児島・S社】

A

日数に関係なく原則で

 育児休業給付金の支給の有無やその額は、休業開始日から1カ月ずつに区切った支給単位期間ごとに決まります(雇保法61条の7第4項)。最後の区分など育休終了日を含む場合は、その日までです。

 要件は、原則、…

回答の続きはこちら
2022.05.30 【雇用保険法】

「更新なし」で加入不要か たまたま31日以上に

キーワード:
  • 被保険者資格
Q

 当社工場で短期間のアルバイトを募集採用します。これまでは、数週間の契約で「更新なし」として、そのまま期間満了という形でした。「更新なし」の予定が、やむを得ず更新して31日以上に達することになった場合に、被保険者になるのはいつからになるのでしょうか。【岐阜・S社】

A

見込みとなった時点で 同一ケースあると注意

 週20時間未満である者(法6条1号)や同一の事業主の適用事業に継続して31日以上雇用されることが見込まれない者(同条2号)等は、雇保法の適用が除外され、被保険者となることができません(法6条)。ただし、31日以上の雇用見込みに関しては、例外があります。日雇労働者で、前2カ月の各月において、18日以上同一の事業主の適用事業に雇用された者等は、この限りではありません。

 労働条件の明示において、労基則5条では「契約を更新する場合の基準に関する事項」は書面等を交付しなければならないとしています。通達(平24・10・26基発1026第2号ほか)では、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。