労働安全衛生法

2021.10.12 【労働安全衛生法】

木材加工で作業主任者は 選任する方法知りたい

キーワード:
  • 作業主任者
Q

 当社は、丸のこ盤やかんな盤等を使用して木材加工作業を行っています。木材加工作業には作業主任者を選任する必要があると聞きました。木材加工作業に係る作業主任者の選任の方法等についてご教授ください。【神奈川・I社】

A

携帯機械除いて5台なら 受講資格は実務3年など

 木材加工用機械作業主任者が労働災害の防止のために作業方法の決定、労働者の指揮等を適切に行うために十分な知識を有していることは重要です。以下にお話の木材加工用機械作業主任者の選任に係る主な事項についてご説明します。

1 木材加工用機械作業主任者の選任等

 安衛法では、事業者は、…

回答の続きはこちら
2021.08.27 【労働安全衛生法】

PC作業で管理者教育? 従事者には実施必要も

キーワード:
  • メンタルヘルス
  • 作業環境管理
  • 安全衛生教育
Q

 パソコン等を用いた作業に従事する人の教育に関して、一定の教育が必要(本誌2021年7月15日付52ページ)とあります。一方で、当該作業に従事する人を直接管理監督する人に、何らかの教育等は必要なのでしょうか。【秋田・N社】

A

4科目で合計7時間を 連続作業時間に注意を

 情報機器作業管理者に対する労働衛生教育カリキュラムは別表のとおりとされており、同表の左欄に掲げる科目に応じ、それぞれ、同表の中欄に掲げる範囲について同表の右欄に掲げる時間以上行うものとするとされています。

 情報機器ガイドライン(令元・7・12基発0712第3号)では、①作業環境管理、②作業管理、③健康管理、④労働衛生教育等について示されています。

① 作業環境管理では、…

回答の続きはこちら
2021.07.12 【労働安全衛生法】

パソコン作業者に教育? 時期やカリキュラム教えて

キーワード:
  • VDT
  • 作業環境管理
  • 安全衛生教育
Q

 パソコン等を使用して行う作業に従事する労働者には、衛生教育を実施するよう求められているそうですが、この衛生教育についてご教授ください。【神奈川・I社】

A

計3時間半必要と認める 「就かせる前」に実施を

 パソコン等情報機器を使用して行う作業に関しては、近年、情報機器作業従事者の増加、情報機器作業の拡大、携帯情報端末の多様化と機能の向上等職場における情報機器を使用して行う作業が大きく変化するなか、令和元年に「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて(令元・7・12基発0712第3号)」が策定されたことを踏まえ、…

回答の続きはこちら
2021.07.06 【労働安全衛生法】

どちらが費用負担 雇入れ時健診で証明書

キーワード:
  • 健康診断
Q

 新たに人を採用しました。雇入れ時の健康診断は、個人で受け、証明書を提出してもらう予定です。費用はどちらが負担すべきですか。【岐阜・N社】

A

法律において規定などなく

 事業主は、労働者に、医師による健康診断を行うことが義務付けられており、その1つに雇入れ時の健診があります(安衛法66条1項、安衛則43条)。ただし、健診から…

回答の続きはこちら
2021.07.01 【労働安全衛生法】

面接指導は必須!? 時間外上限達したら

キーワード:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 時間外労働の上限規制に達した場合、医師による面接指導を実施する義務があるのでしょうか。本人の申請が必要だったように思いますが、この点で変更はありましたか。

A

 時間外・休日労働の時間数が月80時間を超えた労働者に対しては、まず超えた時間に関する情報の通知(安衛則52条の2第3項)が必要です。これは、面接指導の申出を促すもの(平30・12・28基発1228第16号)という位置付けです。したがって、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ


ご利用いただけません。