労働安全衛生法

2020.10.16 【労働安全衛生法】

糖尿病心配で休業発令!? 高血糖状態改善されず

ジャンル:
  • 健康診断
Q

 健康診断結果を産業医の先生に見ていただいています。ある社員の今年の結果をみて「この方は去年も高血糖が指摘されて受診勧奨をしたが、どうも放置されているようだ。今年の値はHbA1C13.5%と、いわゆるパニック値になっている。こういう人には要休業という意見を出そうと思う」と言われてしまいました。そのまま休業命令を出すべきでしょうか。【千葉・T社】

A

業務状況と治療歴確認 高所作業や運転制限も

 糖尿病は、自己免疫疾患である1型なのか、基本的に生活習慣病とされる2型なのかによっても違いはありますが、一般に自覚症状に乏しく、本人の受診行動や生活習慣の努力などの自己保健行動が疎かになりがちな病気です。健康診断で高血糖が指摘されて事後措置に苦労するケースも散見されます。

 適切な治療や定期的な通院がされていれば、特段の就業制限は不要な疾患だといえますが…

回答の続きはこちら
2020.09.28 【労働安全衛生法】

衛生管理者をどう選ぶか 人数など留意点教えて

ジャンル:
  • 衛生管理者
  • 製造業
Q

 当社は、正社員の他にアルバイト職員を含めて職員50人余の製造業を営む会社です。当社では、衛生管理者を選任する必要があると聞きましたが、衛生管理者の選任について、その方法、留意点等についてご教授ください。【新潟・E社】

A

有害業務30人なら専任 200人超は2人必要に

 衛生管理者は、労働者の健康障害を防止するための措置や衛生のための教育の実施、労働災害の原因の調査および再発防止対策等の業務のうち衛生に係る技術的事項を管理します。以下にお話の衛生管理者の選任方法、その留意点等に関する主な事項についてご説明します。

1 衛生管理者の選任等

 事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、都道府県労働局長の免許を受けた者その他厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、衛生管理者を選任し、その者に総括安全衛生管理者が統括管理すべき安衛法10条1項各号の業務(ずい道等の建設の仕事および圧気工法による作業を行う仕事において、同法25条の2第2項の規定により技術的事項を管理する者を選任した場合においては、…

回答の続きはこちら
2020.08.11 【労働安全衛生法】

一定期間ごと教育必要か 危険有害業務に従事

ジャンル:
  • 安全衛生教育
Q

 移動式クレーンの運転の業務やボイラーの取扱いの業務等の危険な業務に従事している労働者に対しては、一定の期間ごとに安全衛生教育を実施する必要があるそうですが、この安全衛生教育はどのように実施する必要があるのでしょうか、ご教示ください。【三重・N社】

A

おおむね5年が実施目安 法60条の2は努力規定

 安全衛生教育は、労働者の就業に当たって必要な安全衛生に関する知識等を付与するために実施されるもので、安全衛生管理体制の確立、労働安全衛生法令の遵守、危険性または有害性等の調査、快適な職場環境の形成等とあいまって労働災害の防止の実効を期すうえで極めて重要な施策です。以下にお話の安全衛生教育に係る主な事項についてご説明します。 

1 危険または有害な業務に現に就いている者に対する安全衛生教育

 事業者は、その事業場における安全衛生の水準の向上を図るため、危険または有害な業務に現に就いている労働者に対し、その従事する業務に関する安全または衛生のための…

回答の続きはこちら
2020.06.26 【労働安全衛生法】

作業環境の管理どうする パソコン長時間使い心配

ジャンル:
  • 在宅勤務
Q

 パソコンを長時間使用してデータ入力等を行っています。現在は在宅勤務の場合に、自宅にある机やイスを使わざるを得ず身体への負担が心配です。どのように作業環境等を管理すべきか教えてください。【福岡・O社】

A

小休止を取るように促す 視力や肩・腰の症状確認

作業管理

 ガイドライン(令元・7・12基発0712第3号)では、個々の作業者の特性に応じた情報機器、関連什器等を整備するほか、作業の実態に基づいて作業負担の少ない業務計画を策定すること等、細かく配慮することが望ましいとしています。

 また、作業者が、心身の負担が少なく作業を行うことができるように、作業時間の管理を行い、作業の特性や個々の作業者の特性に合った適切な作業管理を行うこととしています。

 ①作業時間等については、ⓐ1日の作業時間は、情報機器作業が過度に長時間にわたり行われないようにすること、ⓑ一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に10分~15分の作業休止時間を設け、…

回答の続きはこちら
2020.06.18 【労働安全衛生法】

変形労働時間制で面接指導は?

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 安衛法の面接指導の義務を判断する月80時間の計算方法について、変形労働時間制を適用している会社はどのように計算すればいいのでしょうか。

A

 「1か月の総労働時間数(労働時間数+延長時間数+休日労働時間数)-(計算期間(1か月間)の総暦日数/7)×40」になります(平18・2・24基発第0224003号)。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ