育児・介護休業法

2020.06.22 【育児・介護休業法】

2時間ずつ可能か 介護休暇の付与方法

ジャンル:
  • 介護休暇
  • 子の看護休暇
  • 年次有給休暇
Q

 当社の所定労働時間は8時間で、2時間単位の年次有給休暇の時間単位付与を導入しています。介護休暇なども時間単位の付与が始まるといいます。2時間単位とすることは可能でしょうか。【長崎・F社】

A

1時間単位も認める必要が

 年次有給休暇の時間単位付与は、2時間や3時間といったように、1時間以外の時間を単位として付与することも可能です。労使協定でその時間数を定める必要がある(平21・5・29基発0529001号)としています。

 令和3年1月から、介護休暇や子の看護休暇が時間単位で取得できるようになります(育介則40条など)。これまで…

回答の続きはこちら
2020.05.26 【育児・介護休業法】

繰下げ命令は可能? 育児取得中従業員に対し

ジャンル:
  • 不利益取扱い
Q

 現在育児休業を取得中で、まもなく復帰する従業員がいます。業務の引継ぎなどに手間取っていて、育休終了日を少し後にずらしてもらえないものかと考えています。会社側から繰下げを命じることはできるのでしょうか。【愛知・K社】

A

不利益扱い 該当の恐れ

 育介法では、労働者が一定の時期までに事業主へ申し出ることで、1回に限って、事由を問わず育休終了予定日の繰下げができるとしています(法7条3項)。一方、事業主による繰下げの申出については、法律上、特段の規定は設けられていません。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ