健康保険法

NEW2022.06.24 【健康保険法】

逮捕されて保険料発生!? 被保険者資格は継続で 家族が病院行くことも

キーワード:
  • 社会保険
Q

 従業員が逮捕されたときの対応を話し合う中、社会保険料を長期間徴収できない事態は避けたいので、年次有給休暇で処理し控除するのはどうかという意見が出ました。そもそも、逮捕勾留の場合も被保険者資格は継続し、被扶養者がいて病院に行くような場合も考えると、保険料もかかるという認識で良いでしょうか。【兵庫・K社】

A

徴収の特例あり届出を

 被保険者等が、少年院、刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に収容等されたときには、(一部を除き)保険給付は行わない(健保法118条)とあります。なぜ制限が課されるかですが、概ね公費負担があるのがその理由とされています(健康保険の解釈と運用)。

 被保険者等が収容等されたときでも、被扶養者に係る保険給付を行うことは妨げないとあります(同条2項)。一般的な感覚としても、被扶養者まで給付が制限されてしまうのは酷でしょう。

 給付制限が課されても、…

回答の続きはこちら
2022.06.20 【健康保険法】

資格喪失日はいつ? 年休消化中に転職先へ

キーワード:
  • 年次有給休暇
  • 被保険者資格
Q

 当社を退職する従業員が年次有給休暇をまとめて消化する予定です。実際は、転職先で勤務する可能性は否定できません。こうした場合、被保険者資格を喪失するタイミングはいつになるのでしょうか。【北海道・G社】

A

原則として退職日翌日

 原則として、次のいずれかに該当するに至った日の翌日に、被保険者の資格を喪失します(健保法36条)。たとえば、①死亡したとき、②その事業所に使用されなくなったとき、③法3条各号の適用除外の規定に該当するに至ったときなどが規定されています。

 ②は、解雇、退職、転勤、事業廃止等の場合です。事実上…

回答の続きはこちら
2022.06.14 【健康保険法】

継続2カ月へ通算か 任継被保険者の要件で

キーワード:
  • 任意継続被保険者
Q

 中途で労働者を採用したものの、諸事情により、1カ月半で退職することとなりました。任意継続被保険者へ変更するに当たり、継続2カ月の被保険者期間が必要ですが、前職の被保険者期間と通算できるのでしょうか。なお、前職の退職日の翌日に当社へ入社しており、空白期間はありません。【和歌山・S社】

A

空白がないなら対象に

 健保法の被保険者が、退職後などでも引き続き健康保険へ加入し続けられる仕組みとして、任意継続被保険者制度が設けられています。要件は、資格喪失の前日まで継続して2カ月以上被保険者であること、資格喪失の日から20日以内に保険者へ申し出ることです(法3条4項、37条)。要件を満たせば、資格喪失日にさかのぼって、任意継続被保険者の資格を取得することになります。なお、保険料については、…

回答の続きはこちら
2022.06.11 【健康保険法】

新報酬月額の通知必要か 保険料額は給与明細に

キーワード:
  • 標準報酬月額
Q

 定時決定の季節ですが、改定された標準報酬月額はそもそも本人に通知する必要があるのでしょうか。控除した保険料額等が分かれば、問題はないでしょうか。【静岡・Y社】

A

控除額のみだと不足 「審査請求欄」を例示

 日本年金機構「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(令和4年度)」などをみると、「決定された標準報酬月額の内容については、日本年金機構からの通知の後、すみやかに被保険者本人あて通知していただくようお願いします」といった記載があります。

 法的な根拠規定も確認してみましょう。保険者等は、…

回答の続きはこちら
2022.06.06 【健康保険法】

途中入社で定時決定は 月給制なら当月を除外

キーワード:
  • 定時決定
  • 標準報酬月額
Q

 月途中で入社した月給者は、入社月の報酬が日割り計算され、定時決定の算定対象月からは除いてきました。パートなど時給制の場合は、働いた分は支給される形ですが、入社月はどう考えれば良いですか。【愛知・D社】

A

時給者も同様の扱いが可能

 まず、4月、5月に入社し被保険者資格を取得した者は、定時決定の対象になります。一方、6月1日以降に資格を取得した被保険者は対象にはなりません(健保法41条)。

 月の途中で資格を取得した者に対しては、保険者算定(昭37・6・28保険発71号)によるとしています。ただ、こちらは…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。