健康保険法

NEW2021.01.19 【健康保険法】

随時改定の対象? 懲戒処分による減給制裁

キーワード:
  • 標準報酬月額
  • 減給制裁
Q

 ある従業員について非違行為が複数件発覚したことから、懲戒処分として、減給としました。減給後の報酬を計算していくと、結果的に、健保法における標準報酬月額の等級が2等級変動することになりそうです。このようなケースにおいても、随時改定の対象となるのでしょうか。【三重・T社】

A

“固定”変動せず対象外

 標準報酬月額の随時改定は、①固定的賃金に変動があり、②変動月からの3カ月間に支給された報酬(残業手当なども含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じ、③各月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上――の3つを満たすときに実施します(健保法43条)。…

回答の続きはこちら
2021.01.14 【健康保険法】

育休保険料免除の対象か 期間は10日程度で短期

キーワード:
  • 社会保険
  • 育児休業
Q

 当社として、初めて男性の育児休業対象者が出ます。とはいっても、期間は10日程度の短期間です。1カ月の半分に満たない期間ですが、こういう場合、社会保険料の免除に関しては、どのような取扱いになるのでしょうか。【山梨・V社】

A

月またぐなら1カ月分 不合理な仕組み見直しへ

 育児休業の取得率は、男女で大きな違いがあります。女性は、平成19年度以来、80%超の水準で推移しています。一方、男性は、近年、急速に利用者が増えているとはいえ、令和元年度で7.48%という状況です(厚労省「雇用均等基本調査」)。

 しかも、男性の場合、…

回答の続きはこちら
2020.12.29 【健康保険法】

入社月に保険料かかるか 保険証渡されたのは翌月

キーワード:
  • パート
  • 社会保険
Q

 パートタイマーとして入社しましたが、採用時には社会保険に加入すると説明を受けました。ところが、なかなか手続きを進めてくれず、翌月も遅くになって、ようやく被保険者証を手渡されました。その後、給与明細をみると、しっかり保険料が控除されています。最初の月分の保険料を納める義務があるのでしょうか。【山口・T子】

A

月途中でも満額が必要 手続き遅れても取得日固定

 まず、健康保険加入の手続きを確認しましょう。資格取得の届出は、「当該事実があった日から5日以内」に、年金事務所(協会けんぽの場合)等に提出します(健保則24条)。

 「事実があった日」ですが、健康保険では…

回答の続きはこちら
2020.12.24 【健康保険法】

傷病手当金の支給期間は?

キーワード:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 傷病手当金の見直しに関して検討が進められているといいます。支給期間についてどのような変更が予定されているのでしょうか。

A

 傷病手当金の支給期間ですが、例えば、社会保険労務士の試験でもたびたび取り上げられてきました。「傷病手当金の受給を開始した者が、いったん労務に服した後、同一の疾病により再び休業して…

回答の続きはこちら
2020.12.15 【健康保険法】

被保険者になるか パートへ賞与支払いで

キーワード:
  • パート
  • 賞与
Q

 パート労働者にも賞与を支払うことになりました。現在、報酬が月額8.8万円未満の健康保険・厚生年金の被保険者でない労働者について、たとえば被保険者となったり扶養を外れるなど、どのような影響があるのでしょうか。【福井・T社】

A

報酬に含まず扶養のみ影響

 週および月の所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上の短時間労働者は、健保・厚年の被保険者となります。これに該当しなくても、①週の所定労働時間が20時間以上、②同一の事業所に継続して1年以上使用される見込みがある、③報酬が月8.8万円以上、④昼間学生でない、⑤事業場における通常の労働者および準ずる者が常時500人超――をすべて満たすときは、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ