安全管理

2020.06.30 【安全管理】

共同作業で注意どこまで 直接声掛けるかためらう

ジャンル:
Q

 現場作業において、安全面で気になることをみつけても発注関係でないため、直接声掛けをためらってしまいます。どうしたら、声掛けができるようになりますか。【長崎・N社】

A

「ご安全に」をきっかけに 組織や立場問わず確認

 脚立を使ったバランスの悪い作業、高所作業における安全帯の不使用、保護具の着用不備をみて、「ちょっと危ないな」と思っても、「他社の作業だから」とか「発注関係がないから」等の理由で、直接指摘することをためらってしまうことがあります。

 そこで、危険の芽を摘むために、誰でも簡単に声掛けできるコミュニケーションワードを紹介します。…

回答の続きはこちら
2020.06.01 【安全管理】

無傷の事故多発し対策は 物につまずいて転倒

ジャンル:
  • 不安全行動
Q

 当社では、物につまずいて転んだり、重い物を落としたなど、幸いケガにならなかった無傷事故が多発しています。これをなんとかしたいと考えています。どんなことをしたら良いでしょうか。【神奈川・O社】

A

「声かけ」が動機付けに 目に見える形で注意喚起

 無傷事故の陰には災害が潜んでいます。災害原因の96%は人の不安全行動に起因します。これは、不安全行動をなくせば、災害を防げることを意味しています。

 不安全行動を改めるには、安全意識を高めることが大切です。安全意識を高めるには、これをやれば良いというものはありません。あらゆる機会に、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ