監督指導動向

2021.08.03 【監督指導動向】
転倒災害 労災全体の2割強 めだつ「50歳以上・女性」 愛知労働局・令和2年集計 NEW

 愛知労働局が集計した令和2年の労働災害発生状況によると、休業4日以上の労働災害7461件のうち転倒災害が占める割合は全体の22.1%だった。平成23年と比較して2.3ポイント増加している。  50歳以上の労働者に着目すると、23年が62.3%だったのに対し、2年は70.8%と8.5ポイントもアップしている。  年代別・性別では、60歳以……[続きを読む]

2021.08.02 【監督指導動向】
書類送検は年間60件 賃金不払い事案が最多で26件 愛知労働局・令和2年司法処分状況 NEW

 愛知労働局は、令和2年に管内の労働基準監督署などが労働基準法令違反で書類送検をした「司法処分状況」を公表した。前年比3件増の60件となっている。  内訳は、賃金不払いを含む労働基準法関係が前年に比べて13件増えて43件だった。賃金不払い事案が26件で最も多く、人材派遣業者が53人に対して合計1000万円以上の賃金を支払っていないケースな……[続きを読む]

2021.07.30 【監督指導動向】
松本城をグリーンライトアップ 安全週間周知へイベント活動 松本労基署 NEW

 長野・松本労働基準監督署は、安全週間に合わせて、安全意識向上への周知活動に取り組んだ。今年初めての試みとしては、「国宝松本城・安全週間グリーンライトアップ」を開催した(写真)。安全衛生の象徴である緑十字をイメージした緑色で松本城を照らし、安全意識を高めてもらえるよう広くPRしている。  そのほかの取組みには、松本市内の保育園の園児たちの……[続きを読む]

2021.07.27 【監督指導動向】
45.8%で違法残業 2年・過重労働解消期間の重点監督結果 宮城労働局

 宮城労働局は、令和2年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の結果を公表した。監督指導を行った120事業場のうち、55事業場(45.8%)で違法な時間外・休日労働が発覚している。  55事業場のうち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が1カ月80時間を超えるケースは9事業場だった。このうち、100時間を……[続きを読む]

2021.07.25 【監督指導動向】
令和3年卒 高卒の平均初任給18.5万円 建設18.9万円、製造18.1万円 大阪労働局・集計

 大阪労働局が集計した、令和3年3月卒業者の初任給調査によると、高校卒人材の平均初任給(通勤手当などを含む)は18.5万円だった。前年調査結果と比べて、1.1%増加している。  調査は、「雇用保険被保険者資格取得届」から集計したもの。金額は、毎月きまって支給する通勤手当などの各種手当を含むため注意が要る。前年比に関しては、編集局で試算した……[続きを読む]

ページトップ