監督指導動向

2020.01.24 【監督指導動向】
過重労働解消相談 34件に増加 賃金不払い残業関係がめだつ 北海道労働局・令和元年 NEW

 北海道労働局は、令和元年11月の「過重労働解消キャンペーン」の一環として、同年10月27日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果をまとめた。相談内容は賃金不払い残業に関するものが最も多かった。  相談件数は前年の29件から5件増えて34件だった。労働者からの相談が23件を占めている。  相談内容をみると、賃金不払い残業に関係が……[続きを読む]

2020.01.21 【監督指導動向】
最初の労災防ぎ新たな災害阻止を 八王子労基署・社会福祉施設向けに安衛講習会 NEW

 東京・八王子労働基準監督署は11月21日、社会福祉施設安全衛生管理講習会を開催した(写真)。  浅野悦子署長は、「労働災害で怪我をした人の代わりに働く労働者が残業や休日出勤で不慣れな作業をして、また新しい労災が生まれる。まずは最初の労災を防いでほしい」と話した。  事例発表には、医療法人社団英世会(東京都日野市)が登壇した。  同法人が……[続きを読む]

2020.01.20 【監督指導動向】
1~3月は転倒災害増加 群馬労働局が注意を呼び掛け NEW

 群馬労働局が、積雪や凍結による転倒災害への注意を呼び掛けている。群馬県内の休業4日以上の労働災害のうち毎年トップの型は転倒災害で、全災害の2割を超す状況が続いている。  平成29~31年の1~3月における転倒災害の主な原因をみると、108件で最も多い「物につまづき」に続く2番目が「雪・凍結ですべり」の88件だった。  このため労働局は、……[続きを読む]

2020.01.19 【監督指導動向】
働き方改革利用し人材確保につなぐ 品川労基署・講習会 NEW

 東京・品川労働基準監督署は12月5日、働き方改革説明会を開催した(写真)。  労働基準法の改正などについて、同労基署の秋場洸兵労働基準監督官が解説を行った。時間外労働の上限規制の概要や、対応などを説明した。  改正パート・有期雇用労働法と働き方改革の支援策等については、東京労働局指導課の鞘木一恵雇用環境改善・均等推進指導官が解説した。……[続きを読む]

2020.01.17 【監督指導動向】
年末年始の労災防止を 労災防止推進大会を開く 新宿労基署

 東京・新宿労働基準監督署は12月9日、新宿・中野・杉並地区の年末年始労働災害防止推進大会を開催した(写真)。  金田文人署長は、年末年始は労働災害が増加するため、防止に努めてほしいと話した。  大会では、清水建設㈱の事例発表や、廣石忠司専修大学経営学部教授による特別公演が行われた。  安全衛生表彰授与式も行った。有期事業場表彰では、地上……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ