string(30) "/column/column_category/shido/"
string(15) "column_category"

監督指導動向

2017.03.23【監督指導動向】
県内一斉ノー残業デー 取組み率は83% 福岡労働局調べ NEW

 福岡労働局は、平成28年11月16日に実施した県内一斉ノー残業デーの取組み状況を明らかにした。回答した217社のうち181社(83%)が実施している。 県内一斉ノー残業デーは22年以降毎年実施しており、徐々に取り組む企業が増えつつある。 日常的にノー残業デーを導入しているかも尋ねており、68%の企業が「導入している」と答えている。水曜日……[続きを読む]

サラリーマン 社員 定時退社 プレミアムフライデー ゆとり
2017.03.22【監督指導動向】
建設業への処分事案が増加 大阪労働局・平成28年 書類送検状況 NEW

調査端緒 労基法違反事案でめだつ「告訴・告発」 大阪労働局は、平成28年に管内13労働基準監督署が処理した書類送検事案の取りまとめを公表した。1年間で合計80件、送検している。法令別にみると、労働基準法、労働安全衛生法ともに40件処分している。 労基法では、「労働時間・休日等」に関するものが18件と最多。「定期賃金の不払」が12件、「賃金……[続きを読む]

建設 建築 基礎 工事
2017.03.15【監督指導動向】
3割超の事業場で半年に1度の健診せず 築地市場への労務管理調査で判明 中央労基署

早朝勤務の労働者を「深夜労働者」と認識していない可能性も  東京・中央労働基準監督署は、築地市場の事業場に対して労務管理に関する自主点検を初めて実施した。1割の事業場が雇入れ時に労働条件を書面で交付していないことや、3割以上の事業場が常時深夜勤務をする労働者に対して6カ月に1度の健康診断を実施していないことが明らかになった。 調査は平成2……[続きを読む]

築地市場
2017.03.14【監督指導動向】
女性職員が建設現場をパトロール 女性専用トイレなどを評価 長崎労働局

 長崎労働局は平成28年10月に、全国初の官民合同女性パトロール隊「輝く女性応援し隊!」を結成し、女性が安全・快適に働ける職場環境に向けた取組みを強化している。29年2月には、長崎県庁舎行政棟新築工事現場への安全パトロールを実施した。 パトロール隊のメンバーは7人で構成している。「官」からは、同労働局の労働基準監督官3人、雇用均等指導官1……[続きを読む]

なでしこパト②
2017.03.10【監督指導動向】
「作業停止命令」高止まり 長崎労働局・建設現場年末一斉監督結果

 長崎労働局は平成28年12月に、建設現場に対して安全に関する一斉監督を実施した。労働安全衛生法違反がみつかった現場は、全体の半数を超えている。 臨検を実施した156現場のうち、安衛法上の違反があったのは84現場だった(違反率=53.8%)。 違反行為を類型別にみると、元方事業者が下請事業者の安全管理を行っていないケースが最も多く51現場……[続きを読む]

鉄骨 足場 建設業

年月アーカイブ

ページトップ