安全対策の決め手できる職長の実務必携

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これを知れば作業者を災害から守れる!

現場の責任者である職長が、多岐にわたる日常業務の中で最も配慮しなければならない災害防止。
わが国を代表する大手建設業各社の安全担当責任者が執筆陣として、年間の統一テーマを決定したうえで、災害防止のノウハウを開陳します。
安全対策の要点がひと目でわかるようイラストを多用し、現場の責任者にマッチした分かりやすい解説で、安全衛生教育のテキストとして最適です。

  • A4判・15ページ
  • 月1回(1日付け)発行
  • 購読料(税込):12,960円(年間)

安全対策の決め手 平成29年度

平成29年度の年間テーマ

『先取り安全で危険の芽を摘もう!』
職長を先頭に、各作業員が危険を感じる能力を高め、危険の芽を確実に摘み取るために、各月のテーマに沿って、解説や災害事例等から危険に対する気づきのポイントを紹介します。
毎月、各テーマに沿って「危険に対する気づきのポイント」の解説と災害事例(原因・再発防止対策)や好事例を掲載します。
災害事例は、死亡災害、休業4日以上の災害、不休災害等を織り交ぜます。
好事例は、労研のグッドプラクティス、厚労省の紹介している好事例、各社の好事例等、参考になるものを掲載します。
執筆:建設労務安全研究会・職長安全部会

第1号:4月
足場からの墜落災害の防止
第2号:5月
建設機械・クレーン等災害の防止
第3号:6月
熱中症災害の防止
第4号:7月
感電災害、火災災害の防止
第5号:8月
崩壊・倒壊災害(土砂崩壊、解体工事の倒壊等)の防止
第6号:9月
業務上疾病(有機溶剤他による疾病)の防止
第7号:10月
開口部からの墜落災害の防止
第8号:11月
公衆災害(飛来落下、足場倒壊等)の防止
第9号:12月
冬期災害(一酸化炭素中毒、転倒災害等)の防止
第10号:1月
運搬作業(フォークリフト、台車、ダンプ等)における災害防止
第11号:2月
床端部(立ち馬等含む)からの墜落災害の防止
第12号:3月
年少者、高齢者、未熟練者の災害防止
ページトップ