安全対策の決め手できる職長の実務必携

これを知れば作業者を災害から守れる!

現場の責任者である職長が、多岐にわたる日常業務の中で最も配慮しなければならない災害防止。
わが国を代表する大手建設業各社の安全担当責任者が執筆陣として、年間の統一テーマを決定したうえで、災害防止のノウハウを開陳します。
安全対策の要点がひと目でわかるようイラストを多用し、現場の責任者にマッチした分かりやすい解説で、安全衛生教育のテキストとして最適です。

  • A4判・15ページ
  • 月1回(1日付け)発行
  • 購読料(税込):12,960円(年間)

安全対策の決め手 平成31年度

平成31年度の年間テーマ

『危険感受性を高めて労働災害を未然に防ごう!』
 建設現場における昨今の労働災害は、「法違反」「注意力散漫」「横着」などから発生するものが多く、その背景には危険感受性の低下が大きく影響していると思われます。
 そのため、建設現場の各作業に伴う危険性に対し、「~が起こるかもしれない」という視点での対応、危険性の事前感知の行える職長の育成が重視されているわけです。
 今年度は、上記の状況を踏まえて、繰り返し発生する作業別災害に照準を当て、これを防ぐために職長さんに努めてもらいたい事項、参考にしてもらいたい事例等を取り上げていきます。
執筆:建設労務安全研究会

第1号:4月
足場の組立・解体作業
第2号:5月
高所作業(足場上、鉄骨組立作業)
第3号:6月
熱中症が発生しやすい作業
第4号:7月
開口部周辺での作業
第5号:8月
電動工具使用作業
第6号:9月
建設機械作業(バックホウ等)
第7号:10月
クレーン等作業(荷の吊上げ作業)
第8号:11月
型枠の組立・解体作業
第9号:12月
酸欠・CO中毒発生作業
第10号:1月
火気使用による作業
第11号:2月
掘削・山留等の作業
第12号:3月
脚立·はしご·可搬式作業台での作業
ページトップ