アクセスランキング

  • 週間アクセスランキング(2024.05.16~2024.05.22)
  • 月間アクセスランキング(2024.04.23~2024.05.22)
職種限定契約 配転は労働者同意が必要 使用者の権限認めず 最高裁

解雇回避目的であっても  職種限定に関する合意があった場合における配置転換命令の違法性が争点となった裁判で、最高裁判所第二小法廷(草野耕一裁判長)は4月26日、違法と認定しなかった二審判決を破棄し、審理を大阪高等裁判所に差し戻した。職種限定契約下では、使用者に労働者の個別同意を得ず契約の範囲を超えた……[続きを読む]

2024.05.16 【労働新聞 ニュース】
機械の停止措置を講じず 製麺業者を書類送検 岸和田労基署

 大阪・岸和田労働基準監督署は、機械の掃除中に運転を停止しなかったとして、㈱サンデリックフーズ(大阪府泉佐野市)と同社役員を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)などの違反の疑いで大阪地検に書類送検した。令和5年3月、労働者が機械に体の一部を巻き込まれて負傷する労働災害が発生している。  ……[続きを読む]

2024.05.13 【送検記事】
送検対象の事業場拡大か 監督指導業務で通知 厚労省

違反繰返しは“躊躇なく”  労働基準監督署が書類送検の対象とする事業場を拡大した可能性があることが、厚生労働省の通知により分かった。同様の法違反を繰り返す事業場を躊躇なく書類送検していく方針としている。具体的には、過去に重大・悪質な法違反が認められた事業場に対して確認を行い、遵法状況の定着がみられな……[続きを読む]

2024.05.02 【労働新聞 ニュース】
熱中症パトを初実施 昨年死傷者が過去最高で 東京労働局

 東京労働局(美濃芳郎局長)は、都内における昨年の熱中症による休業4日以上の死傷者数が過去最多の110人に上ったことを受け、熱中症対策を強化する。とくに災害発生件数の多い建設業への対策として、5月下旬には大規模工事現場に対して熱中症予防の状況を重点的に確認するパトロールを初めて行う。  昨年の熱中症……[続きを読む]

2024.05.17 【労働新聞 ニュース】
暑さ指数測定実演会を開催 千葉労働局
2024.05.20 【労働新聞 ニュース】
ごみ処理機械に巻き込まれ死亡 熊谷労基署・送検

 埼玉・熊谷労働基準監督署(小暮健一署長)は、昨年8月に発生した死亡労働災害に関連して、リサイクル事業を営む㈱エコスファクトリー(埼玉県本庄市)を、労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。プラスチックごみを固めた資源ごみの塊をほぐす機械の調整作業を労働……[続きを読む]

2024.04.30 【労働新聞 ニュース】
「在宅勤務手当」の取扱い 実費弁償分は基礎に含めず 割増賃金算定で通達 厚労省

就業規則へ計算方法明示  厚生労働省は、割増賃金の算定における「在宅勤務手当」の取扱いについて、都道府県労働局長に通達した。労働者に対する在宅勤務手当が、在宅勤務に必要な通信費などの実費を弁償するものとして支給される場合は労働基準法上の賃金に該当せず、割増賃金の基礎となる賃金には算入しないとした。実……[続きを読む]

2024.04.25 【労働新聞 ニュース】
無期雇用者が6.8%増加 厚労省・派遣事業集計

 厚生労働省がまとめた令和4年度労働者派遣事業報告書の集計結果によると、派遣元事業主が雇用している派遣労働者総数は約215万人で、前年度に比べて2.6%増加した。とくに、無期雇用派遣労働者が6.8%増と大きく伸びている。  労働者派遣法は、派遣元事業主に対し、事業年度ごとの運営状況に関する報告書を提……[続きを読む]

2024.04.23 【労働新聞 ニュース】
送検対象の事業場拡大か 監督指導業務で通知 厚労省

違反繰返しは“躊躇なく”  労働基準監督署が書類送検の対象とする事業場を拡大した可能性があることが、厚生労働省の通知により分かった。同様の法違反を繰り返す事業場を躊躇なく書類送検していく方針としている。具体的には、過去に重大・悪質な法違反が認められた事業場に対して確認を行い、遵法状況の定着がみられな……[続きを読む]

2024.05.02 【労働新聞 ニュース】
防塵マスク使用させず事前送検 笠岡労基署
2024.05.07 【労働新聞 ニュース】
ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。