アクセスランキング

  • 週間アクセスランキング(2021.05.02~2021.05.08)
  • 月間アクセスランキング(2021.04.09~2021.05.08)
【緊急開催】令和3年度 雇用・労働分野 注目の助成金

2021年4月27日に開催された労働新聞社セミナー「【緊急開催】令和3年度 雇用・労働分野 注目の助成金」のセミナー動画です。 講師:特定社会保険労務士 社会保険労務士法人岡佳伸事務所代表 岡 佳伸 ★セミナー案内はこちら⇒https://www.rodo.co.jp/seminar/freesem……[続きを読む]

2021.04.30 【セミナー動画】
スウェーデンハウスなどを送検 作業場所の巡視せず 小田原労基署

 神奈川・小田原労働基準監督署は、作業現場の巡視を怠ったとして、輸入住宅ハウスメーカーの㈱スウェーデンハウス(東京都世田谷区)と同社横浜支店工事グループのグループリーダーを労働安全衛生法第30条(特定元方事業者等の講ずべき措置)違反の容疑で横浜地検小田原支部に書類送検した。平成30年11月、下請会社……[続きを読む]

2021.05.03 【送検記事】
下限300ルクス以上に 一般的な事務作業の基準 事務所則改正で報告書 厚労省

 厚生労働省の事務所衛生基準のあり方に関する検討会は報告書を公表した。現在の照度基準を見直して、一般的な事務作業における作業面(机上)を150ルクス以上から300ルクス以上、資料の整理などにおける作業面を70ルクス以上から150ルクス以上へ引き上げる。高年齢労働者も含むすべての労働者に配慮した視環境……[続きを読む]

2021.04.27 【安全スタッフ】
国家公務員が65歳定年に 改正法案を国会提出 政府

賃金は60歳前70%と設定  政府は国家公務員の定年年齢を段階的に65歳へ引き上げることなどを盛り込んだ、国家公務員法改正案を通常国会に提出した。令和5年度から2年ごとに1歳ずつ引き上げ、13年度に65歳とする内容で、60歳以降の賃金は当分の間、60歳以前の70%に設定。同時に、管理監督職は60歳ま……[続きを読む]

2021.04.30 【労働新聞】
【中災防×労働新聞社】指差し呼称の定着研修会 特別レポート
2019.04.24 【中災防×労働新聞社 コラボ動画】
「無期転換ルール」見直し 雇止め対策を検討 厚労省・検討会設置

クーリング期間も対象に  厚生労働省は、改正労働契約法第18条の「無期転換ルール」改正に向け、学識経験者で構成する検討会をスタートさせた。無期転換前の雇止め対策、クーリング期間のあり方、無期転換後の労働条件確保などについて、さらにルールを整備する意向である。改正労契法施行後8年が経過し、ルール見直し……[続きを読む]

2021.04.08 【労働新聞】
【緊急開催】令和3年度 雇用・労働分野 注目の助成金

2021年4月27日に開催された労働新聞社セミナー「【緊急開催】令和3年度 雇用・労働分野 注目の助成金」のセミナー動画です。 講師:特定社会保険労務士 社会保険労務士法人岡佳伸事務所代表 岡 佳伸 ★セミナー案内はこちら⇒https://www.rodo.co.jp/seminar/freesem……[続きを読む]

2021.04.30 【セミナー動画】
「良質」テレワークを 働き方に配慮必要と 厚労省が指針作成

 厚生労働省はこのほど、「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」(テレワークガイドライン)を作成した。テレワーク導入が、労使双方のプラスとなるよう働き方改革推進の観点にも配意した「良質」な制度にする必要があるとした。  テレワークによって労働者に過度の負担が…[続きを読む]

2021.04.09 【労働新聞】
アルパイン事件(東京地判令元・5・21) 60歳から単純事務作業は「屈辱」と損害賠償請求 定年後の条件不合理でない

 60歳定年後も音響機器の開発業務を希望していたにもかかわらず、単純な事務作業を提示され屈辱感を受けたとして損害賠償等を求めた。東京地裁は、高年法は労働者が希望する条件で継続雇用等を義務付けていないと判断。賃金額には同意しており、勤務場所、職務内容も「客観的にみて不合理」とはいえないとしている。継続……[続きを読む]

2021.04.22 【労働判例】
ページトップ