アクセスランキング

  • 週間アクセスランキング(2022.01.14~2022.01.20)
  • 月間アクセスランキング(2021.12.21~2022.01.20)
雇調金不正 720万円受給で企業名を公表 神奈川労働局

 神奈川労働局(川口達三局長)は、新型コロナウイルス特例の雇用調整助成金を不正受給した事業主1社を、県内で初めて公表した。飲食サービス業の㈱ジャパンコーポレーション(廃業)は、令和2年6月~3年7月、実際には就労していた日がある複数の労働者について、休業していたとする虚偽の出勤簿を作成して申請し、7……[続きを読む]

2022.01.17 【労働新聞】
雇調金の不正受給対策強化 厚労省

 厚生労働省は雇用調整助成金の不正受給対策を強化すると発表した。不正の疑いのある事業所だけでなく、申請や支給決定を受けた事業主の一部に事前予告なしで立入検査を実施する。立入検査は雇用保険法第79条に基づくもので、検査を拒むなどした場合は6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金が科される。  雇調金は新型……[続きを読む]

2022.01.14 【労働新聞】
回転軸に覆い設けず右腕切断 マニュアルには危険な方法で作業指示も  岐阜労基署・送検

 岐阜労働基準監督署は、撹拌機の回転軸に覆いを設けなかったとして、塗料製造業の菊水化学工業㈱(愛知県名古屋市)と同社統括部長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで岐阜地検に書類送検した。20歳の労働者が回転軸に右腕を巻き込まれ、肘から先を切断している。  災害は令和3年3月4……[続きを読む]

2022.01.12 【送検記事】
無期転換特例 非常勤講師は対象外 「研究者」要件を示す 東京地裁

研究開発従事が必要に  科学技術・イノベーション活性化法が定める無期転換申込権の特例に関して、大学の非常勤講師が対象になるかが争われた裁判で、東京地方裁判所(伊藤由紀子裁判長)は特例の対象外と判断し、無期転換を認める判決を下した。裁判は専修大学で語学を担当する非常勤講師が起こしたもの。同法は大学と有……[続きを読む]

2022.01.07 【労働新聞】
再雇用の約束と失業給付
2020.04.16 【雇用保険法】
雇調金不正 720万円受給で企業名を公表 神奈川労働局

 神奈川労働局(川口達三局長)は、新型コロナウイルス特例の雇用調整助成金を不正受給した事業主1社を、県内で初めて公表した。飲食サービス業の㈱ジャパンコーポレーション(廃業)は、令和2年6月~3年7月、実際には就労していた日がある複数の労働者について、休業していたとする虚偽の出勤簿を作成して申請し、7……[続きを読む]

2022.01.17 【労働新聞】
雇調金の不正受給対策強化 厚労省

 厚生労働省は雇用調整助成金の不正受給対策を強化すると発表した。不正の疑いのある事業所だけでなく、申請や支給決定を受けた事業主の一部に事前予告なしで立入検査を実施する。立入検査は雇用保険法第79条に基づくもので、検査を拒むなどした場合は6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金が科される。  雇調金は新型……[続きを読む]

2022.01.14 【労働新聞】
18歳の労働者がミキサーに腕を巻き込まれ 安全対策怠った建設業者を送検 木更津労基署

 千葉・木更津労働基準監督署は、機械への巻込まれ防止措置を講じなかったとして、建設業の合同会社そうごう建設(千葉県館山市)と同社代表社員を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで千葉地検木更津支部に書類送検した。18歳の男性労働者がモルタルの吹付け機械に右腕を巻き込まれる災害が発……[続きを読む]

2021.08.31 【送検記事】
アルバイト初日の労働者が墜落 雇入れ時の安全教育怠った建設工事業者を送検 松阪労基署

 三重・松阪労働基準監督署は、アルバイト労働者に対して雇入れ時の教育を行わなかったとして、建設工事業の㈱SKスズキ(三重県松阪市)と同社取締役を労働安全衛生法第59条(安全衛生教育)違反の疑いで津地検松阪支部に書類送検した。アルバイト初日の労働者が工事現場の開口部から墜落し、負傷する労働災害が発生し……[続きを読む]

2021.12.21 【送検記事】
ページトップ


ご利用いただけません。