衛生管理

2020.11.14 【衛生管理】

健診結果の判定で改正? 「押印」見直し進むが

ジャンル:
  • 健康診断
  • 産業医
Q

 健康診断は雇入れ時、定期のほか、当社は深夜業があるので特定業務従事者の健診を実施しています。健康診断個人票や労基署への結果報告書等に産業医の判定と押印が必要だということは分かっているのですが、月に一度来る産業医にすべて目を通してもらうのは難しい状態です。何とかならないでしょうか。【千葉・F社】

A

一部手続きを簡略化 意見聴取など変更なし

 嘱託の産業医の先生に健診結果を丁寧にみていただくのは確かに難しいケースが多いでしょう。個々の健診結果をみていただき、その証拠を残すことは必須です。また、そのなかで特に厳しい評価(「要医療」やいわゆるパニック値など)となっているものについては、…

回答の続きはこちら
2020.10.31 【衛生管理】

衛生コンサルの役割は? 製造業で「職場診断」

ジャンル:
  • 製造業
Q

 製造業ですが、労働衛生コンサルタントが診断に来ます。どのような対応をすればよいのでしょうか。【千葉・D社】

A

作業環境や健康管理で助言 保護具着用状況に着目

 労働衛生コンサルタントは、厚生労働大臣が認めた労働衛生のスペシャリストとして、労働者の衛生水準の向上のため事業場の診断・指導を行う国家資格(士業)です。

 労働衛生管理の基本に「作業環境管理」「作業管理」「健康管理」があります。3管理をとおして労働衛生対策を推進するために「労働衛生管理体制」を確立し、この管理体制の中核を担う者および有害業務に就く者に対して「労働衛生教育」を行います。労働衛生管理を継続的に行うために「リスクアセスメントと労働安全衛生マネジメントシステム」の観点で、診断指導を行います。以下に3管理の進め方を詳述します。…

回答の続きはこちら
2020.09.14 【衛生管理】

「コロナうつ」どうケア? 在宅勤務の長期化が心配

ジャンル:
  • メンタルヘルス
  • 在宅勤務
  • 新型コロナウイルス
Q

 新型コロナの感染再拡大で、原則在宅勤務としています。長期化を覚悟しなければならないところ、社長が「在宅が長引くと『コロナうつ』などメンタル不調が増えるんじゃないのか」と心配しています。会社としてできることは何があるのでしょうか。【山梨・N社】

A

仕事以外と切り分けを 昼休みなど適度に運動

 在宅勤務が長期化すると、確かにメンタルヘルスに対する影響が心配になります。物理的な執務環境の違いに加えて、上司や同僚とのコミュニケーションの取りにくさ、オンラインツールへの不慣れ、勤務時間を区切ることの難しさ、家族がいながら執務をする困難さなどがあるほか、先行きが見通せない不安や、感染者に対するスティグマの作用など、メンタル不調の要因は多々あります。…

回答の続きはこちら
2020.09.01 【衛生管理】

騒音性の難聴を防ぎたい 「加齢」影響あるか心配

ジャンル:
  • 難聴
  • 騒音
Q

 騒音を発生する職場で、耳栓をつけて働いています。騒音性の難聴と加齢による難聴について教えてください。【千葉・U社】

A

初期症状に気づかず進行 糖尿病は悪化要因

 外部からの音は空気の振動として内耳の蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる部位に伝わります。蝸牛の中には有毛細胞と呼ばれる神経細胞があり物理的な振動情報が電気信号へと変換され、脳へと情報伝達されます。そして、最終的に音として認識されます。

騒音性難聴

 騒音性難聴は長時間にわたって大きすぎる騒音にさらされ続け、有毛細胞が障害されることで発症します。85db(デシベル)以上の騒音に8時間さらされ続ける状態が5~15年ほどあると、発症リスクが高まるといわれています。しかし、…

回答の続きはこちら
2020.08.15 【衛生管理】

マスク着用義務付けたい 発熱時には申告求める

ジャンル:
  • 新型コロナウイルス
Q

 新型コロナウイルスへの対策として、マスクの着用を必須とするとともに、家族など同居人に発熱など体調不良者がいる場合には必ず会社に申告することを求めているのですが、従わない社員がいて困っています。社内からクレームもあり、どうしたものか困惑しています。業務命令違反として懲戒処分をするといった対応はできるのでしょうか。【千葉・D社】

A

拒否されたら理由確認を 情報管理を徹底と周知

 会社は社員に対する安全配慮義務を負うほか、職場の秩序を維持する権限を持っていますが、社員の行動に対して一般的支配が生じるわけではありません。社員が守るべきルールを守らず、懲戒する場合、「合理的で社会通念上相当」(労働契約法15条)であることが求められます。懲戒処分は、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ