判決年月1996年7月の労働判例

1997.06.16 【判決日:1996.07.08】
ミツキ商会事件(東京地判平8・7・8) 退職した監査役に退職金規定の適用は? 使用人との兼務認めない
ジャンル:
  • 労基法の基本原則
  • 取締役・調査役
  • 賃金
  • 退職金

商法と労基法では矛盾した取り扱い 筆者:弁護士 安西 愈 事案の概要  本件は、原告(退職した監査役)から被告(元の勤務先会社)に対して、退職金規定に基づく退職金請求権又は退職の際の退職金支給の合意に基づく退職金請求権があるとして、退職金の支払いを求めた事案である。  被告は、原告の定年退職時には、相当の退職金を支払い、また、原告が常任監……[続きを読む]

1997.06.02 【判決日:1996.07.31】
日本電信電話事件(大阪地判平8・7・31) 弁明の機会を与えずになされた懲戒の効力 直ちに違法無効といえない
ジャンル:
  • 懲戒・懲戒解雇
  • 懲戒手続

「出席させ弁明」の明記があれば別 筆者:弁護士 畑 守人(経営法曹会議) 事案の概要  原告は、昭和46年4月1日、被告の前身である公社に入社し、被告の支店や支店傘下の営業所に営業担当者として勤務していた。  原告は、平成2年2月から平成5年4月の間に、上司、同僚などに対し、大声で暴言を吐いたり、無言電話などをかけるなどの嫌がらせ行為や暴……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ