判決年月2001年7月の労働判例

2002.09.02 【判決日:2001.07.17】
月島サマリア病院事件(東京地判平13・7・17) 経営譲り受け前の勤務期間の取扱いは? 退職金算定対象に含める
ジャンル:
  • 労働契約
  • 承継

他の従業員で遡及支払いの例あった 筆者:弁護士 渡部 邦昭(経営法曹会議) 事案の概要  Yは、月島サマリア病院の名称で本件病院を経営している者(個人)である。甲は、昭和54年8月6日、Yの前任の医師Xとの間で雇用契約を締結し、看護婦として勤務した。Yは昭和58年4月5日Xより本件病院の経営を引き継いだ。即ちYは、Xから本件病院の経営権を……[続きを読む]

2002.03.18 【判決日:2001.07.24】
外港タクシー事件(長崎地判平13・7・24) 経営権を移転し全員解雇後再雇用 労働条件の不利益変更に
ジャンル:
  • 企業解散
  • 解雇

回避努力みられず 解雇権濫用と判断 筆者:弁護士 石井 妙子(経営法曹会議) 事案の概要  Y社はタクシー業を営む会社であり、Xら2名は同社にタクシー乗務員として勤務していた者である。Y社の運送収入は平成9年から減少に転じ、赤字経営が続いて借入金も増加する一方であった。そこでY社の役員らは営業権の売却を検討し、同業者であるA社との間で「商……[続きを読む]

2002.03.04 【判決日:2001.07.02】
三井倉庫事件(東京地判平13・7・2) 社員不適格を理由とする試用期間満了時の解雇は? 普通解雇事由にも該当する
ジャンル:
  • 労働契約
  • 試用期間

頻繁にミス繰返し能力や適性を欠く 筆者:弁護士 加茂 善仁(経営法曹会議) 事案の概要  原告XはY会社に採用されたが、3カ月の見習期間中ミスを多発、上司等からの是正指導に対しても耳を傾けず我流を通し、Xの事務処置では他職員がそのフォローに多大な負担を要する状況となっていた。そこで、Y会社は、本採用とするには不適格であるとして、見習期間を……[続きを読む]

2002.02.25 【判決日:2001.07.06】
ティアール建材・エルゴテック事件(東京地判平13・7・6) 事業部門閉鎖に伴う有期契約労働者への雇止めは? 人員削減の必要性認める
ジャンル:
  • 更新拒否(雇止め)
  • 解雇

希望退職募集せず 全員解雇に合理性 筆者:弁護士 岩本 充史 事案の概要  Xは、訴外会社との間で雇用期間1年間の雇用契約を更新していたが、訴外会社がY1に吸収合併された後も、平成9年3月31日付で同年4月1日から平成10年3月31日までとする雇用契約を締結していた。Y1は平成10年2月25日付で訴外会社から引きついだXを含む全ての従業員……[続きを読む]

2002.02.11 【判決日:2001.07.25】
黒川建設事件(東京地判平13・7・25) 法人格否認の法理もとに未払い賃金、退職金の請求 同一性あり債務免れない
ジャンル:
  • 賃金
  • 賃金請求権

外形的には独立も 実態は一事業部門 筆者:弁護士 中町 誠(経営法曹会議) 事案の概要  本件は、B社を退職した原告らが、被告Yと被告A社に対して、被告らは、B社を実質的に支配しているから、法人格否認の法理が適用されるべきである等と主張して、被告らに未払い賃金および退職金を請求した事案である。 判決のポイント  1、本企業グループでは、取……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ