判決年月2003年8月の労働判例

2004.06.21 【判決日:2003.08.01】
東海技研事件(東京地判平15・8・1) 委託契約解除したら雇用契約理由に賃金を請求 勤務実態に使用従属性なし
ジャンル:
  • 労働者
  • 労基法の基本原則

 建設資材の委託販売員が会社と別名義で工事請負活動を行ったため、業務委託契約を解除したところ、会社との契約は雇用契約だと主張し賃金の支払いを求めた事案で、労働者性は使用従属関係があるかどうかにより判断すべきとし、会社の指揮監督の下に労務を提供していないと実態を認定、棄却した。 労働者性を認めず 委任に類する契約 筆者:弁護士 渡部 邦昭(……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ