判決年月2009年1月の労働判例

2009.09.28 【判決日:2009.01.30】
ニュース証券事件(東京地判平21・1・30) 中途採用3カ月の証券課長、成績不振とクビに 試用期間途中で性急な判断
ジャンル:
  • 労働契約
  • 職務能力
  • 解雇
  • 試用期間

 証券会社に営業課長として中途採用されたが、6カ月の試用期間満了前に成績不振で解雇されたため、地位確認や賃金等を請求した。東京地裁は、営業収入は高いとはいえないが、世界同時株安等の外的要因を考慮すると解雇はあまりにも性急で、わずか3カ月強で資質・能力等が適格性を有しないと認めることは到底できないとして、合理性を欠き解雇無効と判示した。 契……[続きを読む]

2009.09.21 【判決日:2009.01.15】
昭和観光事件(大阪地判平21・1・15) 残業代支払命令を無視、会社役員に賠償請求? 法的義務遵守の任務を懈怠
ジャンル:
  • 割増賃金
  • 賃金

 裁判で定額の職務手当は割増賃金に相当しないとされたが、会社はその支払い命令を履行せず、ホテル従業員8人が代表取締役や監査役など4人に対し相当額の損害賠償を請求した。大阪地裁は、役員は善管注意義務として会社に法を遵守させ、割増賃金を支払わせる義務を負っており、会社に支払いを履行させなかったのは重過失に当たるとして、連帯して賠償を命じた。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ