判決年月1994年3月の労働判例

1995.06.19 【判決日:1994.03.28】
国鉄清算事業団建物明渡請求事件(千葉地判平6・3・28) 従業員身分喪失した者の社宅利用 明渡し要求は当然の行為
ジャンル:
  • 寄宿舎・社宅

貸与と雇用関係とは密接に関連 筆者:弁護士 加茂 善仁(経営法曹会議) 事案の概要  元国鉄の職員であったAは、国鉄公舎基準規程により本件宿舎に入居していた。Aは、国鉄改革の際に新会社に採用されなかったため国鉄清算事業団の職員となり、再就職対象者に指定されたが再就職しないまま辞職願を提出し、事業団を退職した。一方、本件宿舎の所有権は、国鉄……[続きを読む]

1995.02.20 【判決日:1994.03.28】
サンデン交通事件(山口地下関支部判平6・3・28) ピケ指導した委員長を譴責処分 違法な実力行使に懲戒も可
ジャンル:
  • 労働組合
  • 懲戒・懲戒解雇
  • 組合活動

ピケで許されるのは平和的説得 筆者:弁護士 山田 靖典(経営法曹会議) 事案の概要  会社と労働組合は、労働協約を締結していなかったが、以前には24時間前までに争議行為の予告通知をする旨の協約があり、これを尊重する労使慣行があった。組合は、春闘時に慣行に従いストを行う旨を会社に予告したが、「但し、会社側による車両分散などストライキ対抗手段……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ