判決年月2014年10月の労働判例

2015.07.20 【判決日:2014.10.20】
国・池袋労基署長(日本通運)事件(東京地判平26・10・20) 職場で刺されうつ状態、8年治療し休業補償打ち切り 医療効果期待できない状態
ジャンル:
  • 労災

 解雇された元従業員にナイフで刺されたことでうつ状態となり、休業補償給付を受給していたが、約8年後に不支給とされたため処分取消しを求めた。東京地裁は、治療後2年以内に9割以上が治癒となるとした報告があるとしたうえで、薬剤や量は変わらないなど医療効果を期待できない状態と判断。被害状況を考慮しても、治癒に至るのに十分な期間が経過したとした。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ