【人事の小窓 ちょっと道草】県内30例目のくるみんマーク取得/松山 徹

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 広島テレビは、厚生労働省より5月1日付で「次世代育成支援対策推進法」に基づく「子育てサポート企業」に認定され、2014年次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。これは育児のための短時間勤務制度の対象者を小学校就学前の子どもを持つ社員に有給で拡大したことなど9つの認定基準を満たし、仕事と子育ての両立や社員が働きやすい職場づくりをめざした取組みが評価されたものです。

 6月30日に広島労働局で行われた交付式では、他の2団体とともに認定通知書が交付され、広島県内の認定は、私どもでちょうど30団体目です。中四国および九州地区の放送局では初認定となりました。…

筆者:広島テレビ放送㈱ 総務人事部担当部長 松山 徹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年9月22日第2986号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ