【人事の小窓 ちょっと道草】”技能競技大会”の効用/作川 孝一

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 近年、我われの生産現場では、団塊の世代が大量に退職する時期を迎えており、彼らの技能を次の世代へ確実に伝承していくことが喫緊の課題になっています。みなさんの中にも、生産現場における熟練技能者の匠の技を、如何にして次世代へ伝えていくかという問題に頭を痛めている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 そこで、当社における熟練技能者の技能伝承に向けた取組みの一例と、そのことを通じた職場活性化事例を紹介させていただきたいと思います。

 私は、生産現場において実際に製品を造る「生産職」や設計・開発等を行う「技術職」向けの人財育成に従事しております。…

筆者:川崎重工業㈱ 人財開発部課長 作川 孝一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月16日第2937号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ